PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラストミーティング・ツアー探索・そして一年間のメールを振り返り

昨夜は、5月5日6日のイベントとツアーに向けて、
5人のメンバーが集まって、打ち合わせをした。
福井市在住ののえの友人でもある一人が加わった心強さで、
なにか昨日はこれまでと違ったてごたえがあった。

だいいち、私のことを「けいこちゃん」と呼ぶ20代の存在は、
他の真面目な福井人をじんわり揺さぶったふしはある。
それに、生きていた、のえの存在をしかと刻んでいる人と5日に取り組めるのは嬉しい。

彼いわく、「のえルームの当事者としては…」。
そう、のえルームの当事者、があるとしたら、その当事者ならすぐ判ることが、
やっぱり、あの映像では、なかなか伝わらなかったのは、
やはり世間の受け皿のなさとしか言いようがないのか。

あれほど、「強制異性愛社会」を「敵視」するLGBTが、
平気のへいざで、「自死遺族」である私達を嫌悪し、疎外し、
時にその理由をたくみに隠して「敵視」した事実は、
私の妄想でもなんでもなく、事実として存在する。

私はすっかりLGBT恐怖症になったし、その症状は、今でも、
時折、勃発する。彼らの無神経な物言いに触れた時…。
LGBTのことしか思い及ばない、言動や発想に触れた時。

実は、昨日、札幌のゲイの息子を、自死で亡くしたお母さんと、
間接的に連絡がとれて、
彼女がLGBTの仲間といるときに、
息子がそこにいるようで…と思ったりするという事実を聞き、
さもありなんだけれど、と思いつつ、
昨夜のミーティングで、
「彼女はLGBT恐怖症にならなくてすんで、その点ではうらやましいよねえ…」
とやや冗談まじりで言ったら、皆ひしと頷きながら、でも言葉をなくしていたね。

それでも、二次会や、ベロ亭への芽吹きツアー、
車の段取り、宿の部屋割りや料金の割り振りなんかの話になると、
私は長年、イベントやさんだったんだな、とつくづく笑えてくる。
だって、楽しいんだもん。
それまでの超シビアだったり真面目だったりする話と打って変わって、
あれこれ段取りとか、てきぱき話していて、
他のメンバーがぽかんとしていて、
のえの友人の一人だけが、にこにこしていて、
私は、ガハハ笑い出してしまったよ。

結局、ほとんどの段取り、私達二人でしているけれど、
精神的にもちょっとしたことでも、この人たちに支えられてもいる。
でも、おかしいよねえ。
宿の部屋割り図、車の手配図、なんて描いていたら、
ガハハ笑えて笑えて、そうしたら南さんがぽかんと私を見ていた。
そうしたら、またおかしくておかしくて…。
思わず言っていた。私達の親友達は、こういう私に本気で笑って、
「ケイコチャン、大丈夫??」って含蓄ある一言言っちゃったりしてさあ。

皆、分けわかんないみたいな顔してシビアな話を聞いているとき、
私のことを心配しているようで、実は訳わかんない自分を心配しているのかな。
わるいわるい、こんな言い方ないよね。
私の冗談は、けっこう、レベル高いから? いや、逆行度が高いから??

今日はさあ。
芽吹きツアーの「お刺身定食」ねらいで、
一人越前海岸の昼食とれる宿屋さがしのドライブ。
幹事らしい物言いで、あちこちの宿の玄関口でおばちゃんたちと話していると、
なんか嬉しくなってきて、やっぱ楽しいのはいいって思えた。
うむ、この値段で、船盛が出てくるのはよろしいってな具合で。

帰宅してから、爆睡したよ。
昨夜は、少しエキサイトして朝まで眠れなかったからね。

それから、やにわに起きだして、
この一年間のメールをチェックしはじめた。
本当は、のえの3年目の命日を前に、
のえの41年目の生誕日に、
そして、余りに生きている実感が薄らぎそうだった年明け早々に、
然るべき人に送ったメールを確かめたかったから始めた作業だった。

どおっときたね。
この一年が、特にあの9月以降の日々が。
どれほど大きなものを損なわれた日々だったかが、
どおっときたね。

今晩のところは、これ以上は書きたくない。

そんな訳で、刺身の船盛を食べたい人あてのメールを送りそびれている。
もう一押しのMLへの送信も、あの人、この人へのメールも送りそびれている。

楽しかった越前海岸での皆の観光ポイント探し。
なんかうきうきして来て、そして、また夜更けて、私は不安にとらえられている。

ばっかやろう。
嘘つきー。
偽善者どもー。

でも、誰が。

私は喜んでいるのか、震えているのか、
喜んで震えているのか、
不安で震えているのか、もはや判らない。

おいしい刺身が待っているのだけは確か。
皆が、とびきりのデリカシーと嬉しさをもって、
あのトークを待っているのも確か。

そこを信じる事が、それと刺身の船盛を信じる?? ことが、
始まりなのかーい。

ばっかやろう。嘘つきー。
から立ち戻って、偽善者のことはひとまず棚上げしてね
わが心に立ち戻る一歩なのか。

そんなにやさしく私は戻れるのか。
まあ、いいや、原発の見える海の魚は待っているよ。
あなたが、おいしいって言って食べてくれるのを。
あのおそろしくも美しい風景の中に、
淡々とした青をたたえる海は待っているよ。
それも、あの映像から飛び出した私とヒデコと共に、
食べてくれるのを待っているからさあ。

穏やかになれ。わが心。
知ったかぶりの面々のことなど忘れて、
目の前の人を信じることから始めよう。
始めよう。

穏やかたれ。わが心。
わが魂。

ケイコ
スポンサーサイト

| ベロ亭から | 01:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あ~、舟盛り食したかった・・・
でも、5日の2次会はしっかり参加したいです。
私はこの週末、こちらで9条シール投票
を大阪と京都で仲間と行います。

| レバ | 2012/04/27 16:56 | URL |

いろんな準備の大変さ、本当にお疲れ様です。私も本日は出発前の支度を少々・・・久しぶりに北陸の海が見れるかな。20年くらい前に指摘されていた活断層の存在が、やっと世間の注目を浴びるようになった半島を囲む青い海に。

| けろたん | 2012/04/27 09:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/983-e133b403

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。