PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5/6のベロ亭ツアー参加の心得(その3)…宿屋稼業はいたしません・合宿態勢で臨みます

4月27日に内容を更新、ツアーの内容をほぼ確定しました。
参加される方は、どうか最後まで読み直してくださいね
うれしくなるような、新しい情報もありますから。
そして、よりいっそう「芽が吹く」ツアーにするべく、
お互いに意志をもって、計画を立てていきましょう!!


庭B
(ベロ亭への芽吹きツアーのお庭も準備整いましたよ)


おーい、皆さん、ちょっとした日本国内の旅も、
できなくなっちゃっているんですかい?
連休だから、切符はお早めにってご案内したはずですぞー。(笑)
このツアーの帰りの最寄り駅は、
JR武生駅ですからね!!

ここまでご案内した上で、
一人一人のマチガイや勘違いには、
とても補いきれない場合もあると思われますぞ。
わかんなーい!って方は、
とにかくベロ亭に今すぐ電話を!詳細を肉声で、やさしーく!お伝えします。
4月29日昼のケイコとヒデコのひとりごと、ならぬ、ふたりごとでした。






要するに、《ベロ亭への芽吹きツアー》では、上げ膳据え膳はしませんよ、
の一言に尽きます。
こんな事を伝える必要はないかと思っていたのですが、
昨年のある訪問者との記憶が、そうもいかないのかなあ、と思うに至らせたという感じ。

けっこう、最近の??お若い方々って、ご自分の「親の世代」を目前にすると、
なんか、親に面倒でも見てもらうノリで、
両手を広げて、ご飯が出てくるのを待っていたり、
洗いもの一つしなかったり、そんな事が当たり前と化しているらしく…。

自分の子どもたち…とは言ってももう30代と40代だけど…にもしていない事、
なんで、この方たちにしてさしあげちゃったんだろうって、
反省した事が昨年はありまして、ここにこういうふうに書かせてもらった次第です。

もちろん、ベロ亭の住人でなければ判らない、モノの位置とか、
ベロ亭ならではの段取りとかもあるので、それはどんどんお伝えします。

でも、やれる人は率先して、料理や飲物とかの事をどうするかとか、洗いものとか、
共にやりたいなあ、そう思っています。
でも、心身のどこかがしんどくて、やれない人はやれないんでいいんです。

そのやれない人に入る可能性のある代表的な人物が、
これを書いている私、ケイコであるような気もします。
なにしろ、ここ数年は、料理はもっぱらヒデコ。
私は味付け専門だったり、洗いもの専門??だったり。

20年間以上、10人分くらいの食事を作りつづけたあげくのことですよー。
私の場合は…。

6日の朝は、
晴れていれば、午前9時にベロ亭に全員集まって、
花の咲き乱れるベロ亭のお庭で、
ヒデコの凸パン、
そう、あの「このパンおいしい」で笑いをとったシーンのパンと、
飲物の朝食。
できれば、おいしいサラダも奮発して力を合せて作りたいな。
ここからが、皆で集いながらの「ベロ亭ツアー」らしい醍醐味かな。
皆で、6日がお天気になるようお祈りしておこうね!!

やむなく雨天の場合は、逆に若竹荘の台所と食堂を使って、
ベロ亭から移動する人は移動して、できるだけ皆で、
上記のような朝食を共にしたいと思います。
若竹荘の台所は、自炊用になっていますので、
皆で紅茶やコーヒーを入れたり、できればサラダの仕上げをしたり。

だから、とりたてて買出しの必要はないかと思います。

それから、若竹荘に泊まった人は、朝7時から温泉に入れます。
ベロ亭に泊まった人は
このご一行と一緒ということで、
一人400円で、朝の9時前までにお風呂に入れてもらえます
ベロ亭から車出します。


特製サラダは、なるたけ皆に味わってもらうべく、
協力して作りたいけれど、
5日のイベントの後なので保証はできません。
それに、余りにも人数が多かったりしたら無理かも。
これは、できたらという事で、まあ、あるといいねの楽しみに。

ついでに言えば、あの番組の「のえルーム」の引越しは、
私とヒデコの二人は、どんどん指示させてもらって、
肉体労働はお任せしました。
もともと体力も気力も使い果たしていて、
皆さん、お手伝いよろしくー!って知らせてあって、
集まってくれた方々がああやって手伝って、
無事、「のえルーム」の終了の引越しができた訳です。

やれる人が率先してやる。
やれない人はやれないって、はっきり言う。
体調とかも大切だし。

私は紅茶入れるのは得意。サラダの味付けは得意。
でも、その日、どこまでできるかは判りません。

5日にエネルギー使って、伸びちゃったりして(笑)。
ヒデコは、人が沢山いると、
本当はできないほど疲れていても、やっちゃう人なんですが。

まあ、これについてはこの辺りで、アタリキー!!でしょう。
えっ、当たり前じゃないって??

文化の違いと言うべきか、「人様の台所には立ってはいけない」って思っている、
そんな方の存在も福井に来て初めて知った私達なのです。

ついでながら、ヒデコのやきものに興味のある方は、
ベロ亭でご覧になれます。もちろん、ご購入も大歓迎!!


さて、泊まり、朝食、福井市内からベロ亭までの30キロほどの交通費が、
4000円程度の実費となるはずです。
車は私達やその仲間の運転する車になります。
車でおこしの方は、その限りではありません。
ご相談しましょう。

5日のみ参加の方で、福井駅前などでのお泊りはご自由ですが、
6日のベロ亭への芽吹きツアーをご希望の方は、
若竹荘かベロ亭でお願いします。
若竹荘は、すでに三部屋、14名分を予約済みです。
あと2、3名なら少しは余裕があるので、お早めに。
場合によっては、飛び入り参加も可能かもしれません。
ただし、5日のイベントとセットというのが原則です



なお、晴れていても、雨天でも、
午後1時半頃から、ベロ亭から車で15分の
越前海岸の民宿で船盛のお刺身を、
一人2000円の予算で考えています。
これについては、どうしても払えない人は申し出てください。
経済的理由の場合は、
皆の力で解決できる協力態勢を作りたいなと考えています。


なお、お帰りの都合は早めにお知らせください。

越前海岸から最寄のバス停までは、車で30分。
ベロ亭からは車で5分。

そのバス停「陶芸村口」の唯一の時刻は、午後4時24分発。
「陶芸村口」からJR武生駅まではおおよそ30分から40分です。

昼過ぎに早めにお帰りの方は、
「陶芸村口」発、12時34分というバスがあります。念のため。

ちなみに、越前海岸からJR武生駅までは、車だと40分。
ベロ亭からは、車で30分。
予定や都合をやりくりして、車で来ている方の車、
ベロ亭の車で、何人かずつまとめてお送りするつもりです。
相乗りの場合は、お一人500円、お一人のみの場合は、
1000円、ガソリン代と送り代としてちょうだいします。


お一人の急な都合に、ひとつひとつ対処できない場合は、
タクシーをご利用いただきますので、ご了承ください。

うまく助け合えるように、
あらかじめご連絡のほど、よろしくお願いします。


街中みたいに交通の便がよくないこと、
くれぐれもお忘れなく!!


ケイコ
スポンサーサイト

| ベロ亭から | 23:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

感謝します

心得、了解いたしました!
今から緊張してドキドキしていますが、このような出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。お二人が並々ならぬエネルギーを注ぎ、身を削りながら準備を進めてくださっていること、ブログを読む度、胸に沁みました。お二人と、そして参加者の皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。皆さんに、そして自分自身に、ちゃんと向かい合いたいと思います。

| reiko | 2012/05/02 11:07 | URL |

もう、最高じゃァないですか~
きっと芽吹きツアーも素敵な時間が過ごせそう。
いいなぁ~
イベント前だけど既に最高の出会いの場を
準備して待っていてくれるお二人に感謝♥

| レバ | 2012/04/29 03:35 | URL |

「遠慮」?「様子を伺って相手の意向を聞かない」?「結局自主的に動かない」?・・・意志の疎通ということが「無いのが普通」という変な習慣が日本社会にはあるんですかね。「合宿」と言っても「お膳立て」式ではないってことで。口も手も足も動かしながらの出会いと交流の面白さを体験してもらえたらいいですね。

| けろたん | 2012/04/20 21:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/979-7103c9ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。