PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映像の力・イラストの力・詩の力・人間の力

傲然としてあるメールを書き上げる。送信する。
ようやく書き終えた。ようやく送信した。

映像の力を信じた事、映像に出ることをよしとした事、
ふくめて自らにも、その機構のありかたにも問いかけるメール。

たまったものではないかもしれない制作者。
だって、ありえないほど奮闘してくれたもの。

たまったものではない、やっぱりそこに出た出演者でもある私達。
だって、ありえないほど覚悟もしたし、決意もした。
赤々とした血も流したし、透明でとまらない涙もはてしなく流したもの。
それ以上に、いっぱいいっぱい笑ったとしても。

私は映像の力を信じてもいる。
伝えられること、伝えられないもの、伝えないもの、伝わってしまうもの。
観る人の潜在的なものも含めて、伝わってしまう、
もしくは伝わったと勘違いしてしまう力も含めて、
映像というものの魔力を、10代の頃からからかみしめてきた。
そんな私だから。

イラストの力に驚いている。
まだ、知り合って間もない20代の男性が描いてくれた私達二人の姿。
イラストと言うべきか、漫画というべきか、判らないけれど、
そこには、彼の愛が溢れていて、
ありえないほど溢れていて、
なにものかを今溶かすほどの力を、
この大切な今というときに持ち始めていることに驚いている。
心から驚いている。

詩の言葉が持つ力を信じている。
いや、言葉そのものの力も信じている。
沈黙の持つ力を畏れもし、うやまい、時におそろしいと思うと同じように、
言葉の持つ力そのものを信じている。

私の言葉をブログで懸命に追いつづけている沢山の読者が、
存在しつづけていることに励まされている。
私のブログの言葉を、追い続けることに力尽きて、
少なくとも、私達の周辺について思考し、思いを寄せる事を放棄した、
そんな人々がいることも含めて信じている。

それも、どれも、私の言葉の力であり、
詩を内包するしかない私の言葉の、
時に変化球であったり、時に実直でありすぎたりする力である事を、
私は私が拠って立つものとして、信じている。
なぜなら、それは私だから。
そこに拠って立つことによって、私は生きはじめる事ができたのだから。

そして、少なくとも、私は言葉において、
プロでありたいと願い、そう懸命に努力しているから。
そうでなければ女がすたる、という永瀬さんの言葉を、
座右の銘にもしてきたから。

人間の力を信じている。
日々、本当に日々、展覧会へと片道、車で一時間かけて出向き、
微々たる、時に少しはまとまった、収入に一喜一憂しながら、
人と人との力を信じて、談笑し、踊り、働き、疲れ、
人、一人一人のよさ、かわいさを楽しみ、いとしみながら、
倒れるまで動きつづけるヒデコの人間としての力を信じている。
尊敬している。

ぐるぐると回って私は今日という日に、行き着いた。
息子が生まれて34年目の日に、行き着いた。

映像の力も、イラストや絵の力も、言葉や詩の持つ力も、
そうして、人間の持つ、限りない可能性とふんばりと、
消えそうでいて消えない、人それぞれが、
人間であろうとする力を信じて、ここまで行き着いた。

息子の34年目のこの日を一人ここで祝おう。

私が、人間でありつづけていることを祝おう。

あなたが、あの映像の力を信じてくれていることを、やっぱり祝おう。

そして、ゆっくり歩もう。
時には、急いで、鮮やかなオレンジ色の、
あの大好評の私達二人のイラストのついたチラシも、
送るべき人にも送ろう。

私は、そうやって明日をたがやそう。

今日を少しだけあたためて、少しだけ休んで、
少しだけ祝って、

私は、明日をたがやそう。

4月10日午後7時 ケイコ
スポンサーサイト

| 詩の世界から | 18:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新しい文章が載っていると、すぐ読んでしまいます。ゆっくり読みたいときは、時間を作って落ち着いて読んだりもします。独特のリズムと含意のあるケイコさまの文章は楽しみです。

| けろたん | 2012/04/10 21:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/973-8865e80f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。