PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「森」構想チラシから その1

レズビアンマザーをはじめとする、子を持つ・持ちたいLGBT
そして、LGBTが育てている、LGBTが育てた子どもという当事者性、
に寄り添う、相談、支援を柱として始めています!! (2011年夏に模索開始)

親御さんや友人へのカミングアウトも、直接・具体的に応援します!!
生と死をこえて、心の病にも向き合いながら、
LGBTが堂々と家族をつくる選択肢もあるという可能性に向けて!!
LGBTコミュニティのキャパシティをどーんと深める希望にも向けて!!

ベロ亭のケイコとヒデコの35年のパートナーシップの一端を描いた
『ハートをつなごう・ゲイレズビアン特別編』(2011年2月放送)で深まる出会いから紡ぎ出した……
様々なマイノリティ性を重ね持つベロ亭の視点をゆたかに映し出し、リアルに表出する支援の輪

この番組放送後、心打たれたという声が、ツイッターやブログなどから次々と
●モデルとなる大人が見つからなかった頃、私はもっと自信がなかった。怖かったし迷っていた。この番組は人の人          生を変えるだけの力を持っている。モデルが見つかったことは余りに大きな出来事なのだ。(レズビアンマザー 40代)
●息子さんが贈られた詩が、心に染みわたって涙が止まらなかった。未来の我が子たちは、自分のことをどう思ってくれるのかな。親のことを周りに話せずに5人の子が悩んできた、この言葉は重かった。(レズビアンマザー 30代)
●長年寄り添ってレズビアンマザーであることを問い続け、試練や悲しみを乗り越えてきたお二人の、二人で生きて持っていた力、という言葉が印象的。これからレズビアンマザーとなる自分に様々な課題をくれた。(レズビアン)
●圧倒された。感動のあまり言葉を失う。(ゲイ 40代)
●取材を受け続けたお二人の必死の覚悟に、自分には何ができるか考えさせられた。(レズビアン30代)
●あの短い番組の中で「きちんと混乱させてくれた」という意味で、すごすぎると思った。(レズビアン30代)
●LGBTでも、子どもを持ったり、家族を持ったりしてもいいんだな、と初めて思いました。(ゲイ)
●ドキュメンタリー映画のようで、一筋縄ではいかない現実と二人の営みが伝わってきた秀逸な番組(ゲイ 40代)
●お二人の年月の重さだけじゃなく、軽やかさやしなやかさも丁寧にに描かれていて、胸が熱くなった。(L 20代)
●同じ性的マイノリティの、これからエイジング問題に直面せざるをえない我が身を振り返るヒント。(トランス50代)

また、生と死をめぐる苦悩をこえる試みに、アプローチする声も
●このまま、生きていていいんだ、とただただ、思いました。(レズビアン 自死に寄り添った経験者 30代)
●親がこんなに苦しむんですね、もう一度番組、よく見てみます。(レズビアン 自殺企図経験者 20代)
●自死をタブーにせず、いずれパートナーの親御さんの死に向き合う覚悟。(ゲイ 自死に寄り添って 20代)
●お子さんの自死という事実に、そして、亡くなった彼女に向き合う方法に心を動かされた。彼女のファンや音楽仲間と、絆を結ぶ様子は、人と人がつながる意味を教えてくれるかのようだった。(ゲイ 40代)
●一番心に残ったのが、英子さんの語った言葉。「亡くなったことを受け入れるのは、も一度娘の人生総体を受け入れること」。自死によって残された家族が乗り越えるのは、その理不尽な死そのものだと思っていた。そうではなく、その人のそこに至るまでの人生まるごとを認め、受け入れることだったのか。(Lマザー 50代).
スポンサーサイト

| 虹色カミングアウト | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/918-a4bd19dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。