PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親が子に伝えなかったのか。原発は危ない。異性愛も同性愛もOKと。

原発事故の後で、会った若い人たちに聞くと
「原発が危険だとは、全く知らなかった」って。

「東京の電気が福島で作られていたことも知らなかった」
「福井の原発で経済が潤っていると思ってた」
とか。

おかしいな。
学校が嘘を教えていたり
副読本で、安全神話が教育されていたとしても
原発が危険だって、大人は知ってたぜ。

私達は、子ども5人も育てていたから
子どもに学校の方針や世間にに反することを
教えると、子どもが困るかもしれないから
すごく丁寧に教えていたよ。

私が小学校の低学年で、第五福竜丸事件で、雨に放射能が混じっていることから
放射能について感心を持った。

私は、小学校の4年生の時、広島県の呉市から研修で来た
かわいい先生がいて、その女先生が被爆者の写真をたくさん持ってきたから
図書室で、みんなで見ることになって、
ケロイド状になった広島の人たちについて語るその先生を信じてた。

人類が間違ったしまったことを、子どもながらに知った。
そのショックは大きかった
以来、核に関して全て敏感だった。

高校生の時、おりしもベトナム戦争の真っ盛りの時だったけど
原子力潜水艦エンタープライズが、横須賀にやってきて、
この船が、核を搭載していて日本には核が持ち込めないことになってるのに
核が来たって、高校の校門で一人でビラを書いて撒いたっけ。
横須賀にデモに行ったっけ。

最近になって、ほんとにあの時、核が持ち込まれていたことがやっと新聞に出ていた。

原子力発電所は、世界の核開発の隠蔽作戦として行われていた。
核の平和利用として、暗躍してきたのが原子力発電所だって
普通に生きていたら、新聞をきちんと読んでいる程度で、気がつく。

戦争中だって、この戦争は怪しい戦争だ、
とか、戦争に行きたくないとか、死にたくないとか
外に出てはいえなくとも
家族の中で、小声で話していたと聞く。

原発が、どうしてどんどん作られて、放射能が漏れる事件が時々
あちこちでおきていることぐらい大人だったら知っていたはずだ。

どうして君らのお母さんは教えてくれなかったの?
私は、ちょっと変わったお母さんって子どもに心配されながらも
検知器を借りてきて敦賀の原発が放射能を出していた時
子どもに見せたし。

どうして君らのお母さんは、子どもがレズビアンンて気づいてくれないの?
家族って、親ってものは、世間とは違うことを、そうっと次世代に教えてくれるはずじゃないの?
異性愛も同性愛もOKって、子どもに教えなくちゃね。

親は、子に語らなければならない。
大人は若者にからたなければならない。

それなのに、今若者に語らせているなんてひどい。
ドキドキしながら、カミングアウトを親にしてるのか。

そういえば、私が、高校生の時、日韓貿易をやっている父に、
日本が韓国を侵略した歴史が
二つの国の間でまだ解決してないのに
どうして、韓国の安い労働力を
買いに、韓国に行くのか、父に聞きたくて
聞けなくて、強制連行の歴史を書いた本を
父の机の上にそっと置いたことがあったなー。
勇気がいるよな。親を批判するって。

でも、親が子に本当の話をするのは、そんなに難しくない。
どうして、私の同世代は、子に語らなかったのか。
どうして、原発を許してしまったのか。

そんな親、見離せばいいよ。
かな、かな、かな。
先ず、どうしてか聞いてみないとね。

ツイッターで私が話が合うのは、9割が私の次の世代だ。
おかしいなー。同世代は何してるのかなー。

ヒデコ


スポンサーサイト

| 原発を許した国で | 00:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

moonmirror さんありがとう。家族にカミングアウトされたんですね。ブログも少しづつよませてもらいます。経済も支えてられる中で、できることがあるんでしょうね。
多くのセクマイに現実感覚がないから、獲得できないことが
moonmirrorさんには、獲得できたのかもしれませんね。

けろたん、チェルノブイリが始まりだったのですね。そこでもう一世代あくのですね。

| ヒデコ | 2011/07/07 01:59 | URL |

こんばんわ。

こんばんわ。
今回の記事も大変興味深く読ませて頂きました。
私は昨年、あるきっかけがもとで、
ヒデコさんが今回の記事で書かれている様に、
ドキドキしながら、一番理解してくれないかもしれない、
姉にメールでカミングアウトしました。
一番卑怯な手を使ってしまったのですが、
今は、たとえドキドキでもしてよかったと思っています。

母も、あまり多くは語らないけれど、
同性同士の恋愛に理解がある人です。
家族は今、少しずつ私のセクシャリティの関して、
少しずつ打ち解けてきています。

でも、この様なパターンは稀なのでしょうね。
私は、家族の経済状況を私がほぼ支えているので、
なかなか家族からは離れる事ができないのですが、
こういう家族に恵まれてとても幸せです。

原発の問題、本当に深刻な事になってきていますね。
この国が何を経済発展と共に、失ってしまったのか、
それと同時に何を得たのか、
誰が幸福を奪われ、誰がこの危うい事業の為に得をしたのか。

もっと国民全体で話し合わなければいけない事なのに、
多くの大人たちは、(私ももう大人ですが。)
経済の事しか言わず、どれだけ危険なものかも語らず、
今もこの国中に放射能という危険極まりない物を、
撒いています。

今こそ、本当に見つめなければならない事は何なのか、
大人たちが次世代に語っていく事が大事だと、
今回のヒデコさんの記事を読んでいて、
考えさせられました。

今回も素敵な記事をありがとうございました。

| moonmirror | 2011/07/04 01:09 | URL | ≫ EDIT

私は戦争を遂行した祖父母を持っているけど、その娘息子である自分の親から、原発の危険など一切習わなかった。私が成人した時チェルノブイリの事故があったため、危険を学ぶきっかけになったのだ。だから親もやらない反原発を、したくもないのに担わなくちゃならなかったが、結果はこの通り。しかも、「原発はエコ」だなんてまともに信じ込んだ世代は10も20も年下で、「なんで止めてくれなかった」と来たもんだ。

| けろたん | 2011/07/04 01:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/867-fc963bba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。