PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二人ともやっと立っている

疲れがひどい。度し難いひどさだ。
まるで、12月頃まで戻ってしまったかのようで、ウォーキングもやっとこさ。
昨日は隣の集落の入口まで往復。
今日は、この集落一周のみ。
ウォーキングそのものが、すでにニ、三週間ぶりじゃあないか。

ヒデコも、今日は、「やっと立っている」と言っている。
体中が痛いとも。それでも、一日中動いている。
昨日、陶芸祭の片づけを、あの番組がつくった縁で手伝いにきてくれた若者と、
当日は大雨にたたられたから、一ケースずつ、雨でぬれた新聞紙やら取り替えたり、
かなりややこしい、大変な作業としてしつくしたからだ。

私は、そんな昨日、新しい出会いの彼とも、
ほとんど話せる力がなかつた。
早めの夜に三時間ほど夕寝。爆睡。

なんてこった。寝過ごして、作業が終わってから彼とした話をヒデコから聞くと、
そんな会話に参加できなかったことが、とても悔しくなさけない。

そもそも東京のセクシュアルマイノリティの、
私達から見たら若干「軽はずみ」というか、「みずくさい」としか思えない、
そんなタイミングをはずしたお知らせを、ツイッター上で見つけたりが発端になって、
色々なやり取りに発展したあげく、ほとほと疲れるという深夜の時間が前夜にも続いている。

まあ、こういうときは、結構ストレートな私の投げかけが、
そういう人間関係作りに慣れていない人にはショックを与えがちだから、
気をつけなければいけないようなのだが。

さて、夜中、前半はややテンションが高くなった相手と、
ヒデコがやや困惑しながら話し、
後半は、ようやく私も落ち着いて、お互いに我に返って私と話す。

ささやかな異議なり、水くささなり、を申し出た結果、
小さな成功するかわからないような会だから、わざわざ言わなくとももいいかなと思ったとか、
東京はドライなんだからとか、あなた達は日本的なんて言われた挙句、
(私達が日本的と聞いたら、私達をよく知る人たちは大笑いすることだろう。
ペルーでも、日本人らしくない、福井では外国人と同じ扱い、のようなもの…。)
そんな単純なことではないと判ると、
東京のテンポと人と人の距離の取り方の難しさ、などへと話は移行。
丁寧な人間関係を作りにくい大都会のありようやらを聞いたり、
話しているご当人の自分を責める様子にそんなことじゃないんだってば、
と励ましたり、やさしくささやいたりと時間とエネルギーを費やす。

相手は、大切でいとしいレズビアンマザーの後輩で友人のつもりの人だから、
何倍も何倍も、心を砕いて、真意を伝え、心を尽くす。

もういやだ。こんな生活もういやだ。
これでは何かが間違っている。

この一ヶ月の怒涛のような日々は、徐々に私を疲弊させ、
ついに、体はもとのもくあみ。
歩行がやや困難な感覚が戻ってきている。
陶芸祭が雨で、いつものように椅子に座れなかったこともあるかも。

アイダホのことは、さんざん書いたからもう書かない。
本当は言い足りていないことがあるので、いずれはまとめてどーんと書くけれど。

それ以前も。

思い出す。

ああ、あの人達もレズビアンマザーだったけれど、それも私達より少しだけ若い世代の人たちで、
彼女達はその頃だったら二人とも休めるから行けそうと聞いていて、
そして、やってきて泊まっていったそんな夜のこと。

一人が番組を全く観ていなかったので、
急きょ視る事にしたのは良かったけれど、
すでに観たほうの彼女が、視るのに集中したい相方が黙ってほしいというのに、
番組の進行に野次やら、文句やらいれづづけるという光景を、
私は疲れて少し休んでいたから、全て目の当たりにしてはいないけれど、
うつらうつらしながら聞くというはめにまでなってしまった。

映像というのは、心に侵入してくるからいやなのだ、とはその人の言い分。
それなら、視る時はその場所から離れてくれればいいのだけれど。
特にあの番組の後半をののしられながら視られている様子には、
驚いたというより、あいた口がふさがらないというより、
多分、この映像にどうしても耐えられない、という
その人の、心の深層にある何ものかに触れたかのようでやりきれない。
悲しいし、さびしい。
たとえ、その人が相当酔ってしまった状態であるとしてもだ。

しかし、私達はそれを黙って受け入れる。
人間、こうやってどんな困難にも耐えられるようになるのかなあ。
でも、そんなのいやなんだけどなあ。

この人とは、ある以前の会でのやりとりを巡って、
私が確認しようとしたことで、向こうから火花を散らされるという事態もあった。
負けませんよ。火花対火花なんて。この私は。
と言いつつ、ばかだなあ、エネルギー使っちゃった。
で、確認しようとしたことの事実関係も明らかになり、
そのことを巡っても一件落着。あああ。
この二人だって大切なレズビアンマザーの仲間なんだものなあ。

番組、はじめて全て視終わった後の、火花を散らさなかったほうの彼女、
言いましたよ。
「近いレズビアンの人たちほど、言葉がないと思いますよ」

おーい。関西の親しいビアンたちから、ほとんど何の感想もコメントも言葉もないことを、
そんなに簡単に代表みたいに言われたくないんだけどなあ。
それとも、そういう使命を担ってきてくれたのかなあ。

翌日、昼からはヒデコは反原発のデモへ。
私はやっぱりこの二人の大阪方面への帰路の車に同乗させてもらうことにしました。
電車に乗る体力に自信がなかつたこともあるけれど、
もう同乗して行かないと前の日、言ったのを返上したいという、
「大人」のケイコさんが蘇ったということもあります。

やっぱ、レズビアンマザー同士、なにがあっても仲良くしていきたいもの。

大阪行き。心療内科と漢方の薬局には息子のパートナーがついてきてくれ、
ありがたや、ありがたや。
三宮のアイダホに顔を出し、話もそれなりでき、
まあ、一番良かったのは、久々息子とゆっくり話ができたことかなあ。
のえのことやら、しみじみ話せるのはいい。
心の底からこの子と話せるのは、お互いにとても大切。
お互い、障害やら特性やら抱えた心身。
時間がかみあわないと、神戸に行けても、逃してしまうタイミングの時もあるしね。

その翌週にはアイダホふくい。

あああ、休んでいられなかったなあ。

アイダホ実現のために、使わなければならなかった莫大なエネルギー。
アイダホそのもののために、使わなければならなかったややこしいエネルギー。

たくさんの良い人々に出会った。
何人かの、好感をどうしても持てない人にも出会った。

私の頭はこんせんして、心身は疲弊し、

そうして、越前陶芸祭。

うれしかったことも、ありえない成果も、かけがえがない始まりも、
今はとにかく保留だ。まあいいや。
私達は、あとはそれなり限られている人生だもの、
本当に大切にすべきことを大切にして、
やっていかなきゃ身が持たない。

そうして、今日も、何本かの電話とスカイプでの会話をした。
なにかが、もう一度良い方向で動いていくのかもしれない。
いや、動いていってくれなくては困る。
そのために、私達は覚悟して、決心して、あの番組に出たのだもの。

今晩は、特に感謝している。
陶芸祭に東京から往復夜行バスで来てくれたビアンのカップルに。
彼女達に、彼女に、私が託してみたことを、彼女は慎重に託されながら、
自分のこととして咀嚼しようとしてくれる意志にただひたすら感謝。

小さな始まりをこそ信じよう。
福井でも、アイダホをとおにこえて、新たな始まりの予感もしはじめている。
ゆっくり。ゆっくり。慌てずに。
本当に大切なものを壊さないように、いつくしみながら。

もしも、私の言葉が立ち上がれないほど、人を傷つけてしまうことがあったとしたら、
許してください。神様。いるのならね。
それでも、私は書くしかない。
セクマイ嵐で掻き消えそうな、のえのことを、
しっかりゆっくり、またもう一度、卵から孵さなければ。

どうして、そこまで見込んだんですか。いるなら神様。
ああ、あと数日で、あの地獄の断薬からちょうど一年なんて。
まあ、それについては、もっと力のあるときに書くとして。
今日のところは、この辺で。

二人ともやっと立っているのにね。

ケイコ

スポンサーサイト

| ベロ亭から | 20:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです♪( ´▽`)英子さんも恵子さんも元気でしょうか?

マナツの相方"ノミオ"じゃなく美緒です笑

先日はお手伝いやベロ亭訪問と本当に楽しく過ごさせていただきました。見送りまでしてもらって至れり尽くせりでありがとうございました。
英子さんお手製のパンも美味しかったし、けいこさんの雨でびしょびしょになったパンツ姿まで見れて幸せなひと時でした\(//∇//)\

私はあの一日で英子さん、恵子さんの大ファンです。深いお話や色々な話をオープンに聞かせてもらい、私達の考えなども聞いてくれて…短時間でしたが、本当に話しやすい環境の中で話せる場だったなと思います。

お二人の作り出す空気やお二人の考え、こんな若造の私たちの意見も聞いてくれて、それを吸収しようとしてくれるお二人、心に寄り添いながら色んな視点から接してくれるお二人…本当に人として尊敬です。

また時間を作って2人で福井まで遊びにいきたいなぁと話してます。今度は時間に余裕を持って(^^)その時は是非是非語らいましょう♪素敵な時間をありがとうございました\(//∇//)\


| みお | 2011/06/08 00:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/850-ce216722

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。