PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朗読の力を思い出す

ヒデコが毎月第二月曜午後にレギュラーで゛、
パーソナリティをやっている地元の超ローカルFM放送に、
飛び入りというか、ゲストというか、そんな感じで、
先日の月曜日に「出演」した。

ヒデコは、ラテンアメリカ音楽をちびりちびりと紹介しながら、
そう少しずつ出し惜しみっぽく聞かせながら、
「人権」のことなど、どんどん言ってくれる人に出て欲しい、
という前任者のすすめもあり、けっこう意識的に様々な問題を語っている。

先日はLGBTについて、法務省の人権を認める姿勢から紹介する、
という地道かつラディカルな手法で語ったりもしていた。

私は、以前、そう十年以上前にはいつも、自作詩の朗読の会の結びにやっていた、
チリのビオレータ・パラの「人生よありがとう」を、
頭の部分を、本人があのしわがれた素朴というには言葉が違う、
独特の歌声を流して、少し音を絞り込んでから、
朗読した。

一字一句がスペイン語の詩もしみついているので、
ずれているとなんだか落ち着かなくて、
とおとお遅れて朗読し始めたのに、
歌に追いついてしまって、ちょうど重ねるように朗読することができた。

余ったメロディの部分では、最後のフレーズを二度繰り返してみたり、
それなり工夫も、臨機応変にした。
そりゃそうだ。何回詠んだかわからないほど、かつては慣れ親しんだ歌であり詩だ。

全国的には、インターネットで聞くことができるので、
ある人から貴重な感想をいただくことができた。
以下、その抜粋。

「昨日、ラジオ聞かせて頂きました。
ビオレータ・パラの朗読が本当に素敵でした。
まるでご自身のことを語っているかのようであり、多くの人に呼びかけるようでもあり、
そして、朗読直後、素の、本当に素朴な恵子さんの語りに戻った瞬間は、朗読のパワーとの
あまりのギャップにちょっと驚いてしまったほど。
歌でもなく、語りでもなく、朗読の力というのはすごいと改めて思いました。」

直前にちょっと一人で読み合わせしているときは、
病気上がりのエネルギー不足を感じたくらいだった。
息がつづくかなあ、ちょっと苦しいかなあ、なんて。

でも、本番にはやっぱり強かった。多分。
そして、ヒデコとふたりの田舎町の寒い、民家のスタジオでは、
簡単に素のままの私に戻ってしまう面も強い。

でも、のえが、歌と間の語りのギャップを言われ続けたような面も、
案外、私のある側面としてもあったのかな、と思うと、
不思議な気がした。

ああ、すでに十数年前から、語らなくなったことが山のようにたまっている、
ベロ亭のベロ亭たる真実。
それらを、私の声にのせて、私の言葉にのせて、
語りだしたらどんなことが起きるのかな。

そりぁもう、社会的にも、個人的にも、えらいこったなあ、
でも、それってものすごく魅惑的で誘惑に満ちたことだなあ。

なんて、ひととき、「ほめられた」うれしさに私の思いは募った。

半年の沈黙、半年の空白、半年の闘病、
そのはてにも、私は私らしいことをできた、という発見もうれしかった。

ちなみに、この感想を送ってくれた方は、
某全国放送の関係者でもある。
つまり、まあ、全国的なレベル?で、言ってくれてもいる、
と思ってもいい。うんそうなんだ。

あのこと。このこと。
あれ、それ、これ。

でも、まあ、朗読って、エネルギーいるんですよ。
一字一句が透き通って見えるときは、なおのこと。

のえも、この「人生よありがとう」が好きだった。
そういえば、この現代企画室の水野るり子さんの訳詩を、
渡そう渡そうと思っていて、渡しそこねていたように思う。

もうすぐ、のえが生まれてから、40年目の日が来る。

この十年とちょっとで、私たちの人生は、
大きく深く様変わりした。
こんなにも変化していく人生の山と谷を、
誰が予測しえたろうか。

語る力、を、詠む力を思いつつ、
ここ数日、
まだまだ体力が充電しきれていないことも痛切に感じる。

それでも、なにかに一歩一歩近づいてはいるのかもしれない。

ケイコ





スポンサーサイト

| ベロ亭から | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/765-97a7e638

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。