PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HIVについてのNHKの特集番組を見て

福井の地元の友人に、HIV/エイズのNHKの特集番組を見たよ、といえば
日本では性感染とか、カップルを映したりはしないでしょ。
と返ってきた。

それが、たくさんカップルが映ったの、といえば
「わーステキー」と。

まさに、同性愛のゲイやレズビアンそして異性愛も、その関係そのものを描きながら
この病気を克服する姿をカメラは追っていた。
また、新宿2丁目で、HIVの感染当事者、エイズ患者の生の声を朗読するイベントが開かれて、
ゲイやレズビアンの間だけでなく、
エイズへの関心がいろんな人へと広がっていることも描かれていた。

その朗読イベントのもともとは、
akta/アワタという新宿の公民館のスタッフの張さんの発案だったようです。
「community center akta」はHIV/エイズをはじめとした性感染症の情報センターであり、
新宿二丁目に集う人々の「公民館」です。
毎月第二日曜日、年末年始以外は16時〜22時まで毎日営業しています。
私も、数年前にその場所を訪ねたことがあります。

HIV/エイズという病気の薬も最近では、かなり進んでいて、
治療が遅れれば、大変だが、早期に治療を受ければ
かなり、安全になってきている。

NHKがこんな番組を組む時代になり、
日本人の意識が次第に変わってきていて、
随分べんきょうになるなー。
NHK教育のETB特集でした。
ヒデコ
スポンサーサイト

| ベロ亭 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/726-fad251cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。