PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の陽射しの下で二人

なかなか春らしい日ざしがささないベロ亭のある福井の気候。
といっても、これは全国的なことのようで、野菜も高い高いと買い物するたびヒデコ。

だから、春になれば恒例の外での朝ごはんもなかなか実現しない。
今日は、晴れてはいたが、時々雲に覆われるし、風もある。
どうしようかあ、けっこう寒い風だし、うーむ外で食べるのは微妙かなあ。
なんて、ヒデコに言うと、
なにいってんの、外で食べたい、暖かい日ざしの下で食べたい。

そこで、外のテーブルに朝ごはんを運んで食べました。
時々、雲に隠れる日ざし、えーい、早く出てきてよお日様。
出ればとっても暖かく、雲にさえぎられればかなり寒い風と陰。

とおとおお日様が雲から完全に飛び出して、
朝ごはんが終わる頃には快適になり…。

で、それから、片付けたりしたあと、ヒデコがジープのタイヤ交換をしていたので、
手伝って、二人でなにやら動きつづけました。
私はスギナが今が盛りと出ているのを、今年の春はじめて摘みました。
これは免疫にもいいし、体にめちゃくちゃいいもので、
去年、ヒデコの病気が判ってから、私が摘みまくって、干しまくって、
今も、大きな缶の中に予備が残ってはいるのです。

それから、干してあったユーカリの葉を枝から落とす作業を一緒にしたり。

久々に「生きている」と感じました。
その頃には、ぽかぽかの日ざしが二人を暖めてくれました。

この日ざしがないと、だめなんです。特に私は。
気持ちがゆれがちで、すとーんと自分のくぼみの中に入ったみたいになりがちで。

こんな二人の時間に、春の、そう春らしい日ざしの暖かさと共に、
我に返れた感覚が限りなく嬉しいのです。
それが、次の一時間にも続きますように。
できることなら、今晩にも続きますように。
無理かもしれないけれど、明日にも続きますように。
そうしみじみ願うのです。

この頃の気候、地球がこわれつつあるのではないか、と危惧するほどです。

だから、照るべき日ざしには、そこにあってほしい。
そして、私の心もぬくもりを忘れずに、大切な記憶を記憶として、
ゆっくりそこにあってほしい。

春の陽射しの下で二人、
生きている、という感覚は、
言うなれば、幸せということに限りなく近いのでしょうか。

そんな感覚があったことなど、
冷たく冷えた心の奥底では、遠くに遠くに押しやられそうになります。

でも、違うのです。
大切な記憶を記憶として、悲しみは悲しみとしても、
暖かくぬくもりながら生きる時間もあるのです。

そんなことを思い出させてくれる、ベロ亭の昼下がりのお日様とのお話です。

ケイコ
スポンサーサイト

| ベロ亭から | 19:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお、ケイコ様。北の地でもまさに同じなのです。やっと雪がとけ、まだ風も冷たい中、今こそお日様が必要なのです。緑が芽吹くためには。人の心もぬくもるためには。夕方になって日光と青空に包まれたとき、どん底でも病気でも生きているとしみじみ思えた一日でした。

| けろたん | 2010/04/25 00:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/707-abb7e362

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。