PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

置き忘れ

ヒデコの運んでいた3個の荷物はあったが、ケイコの私物の入った、ブルーの、車の付いたバックが、グアナファトに到着していない。
私達はすぐに、バス会社の責任を追及した。確かに、乗る時4個有って、4個預けましたと。
しかし、今までで一番きちんとしたサービスをし、社内のトイレも清潔だったこの、プリメーロプルースというバス会社の対応は、きちんとしていて、荷物が4つあったなら、券も4枚あるべきだと、主張し、既にゴミ箱の中にあった、引き換え券と、荷物についていたナンバー券を、掘り出し、照合し直し、「問題は僕たちにない」と言われてしまった。
それでも私達は、「途中の駅で誰かが間違えたのでは」と主張した。
ケイコは途中駅でも、割れ物の入った袋が心配で一度降りて見に行っている。誰かが預けた自転車のハンドルがのしかかって、焼き物が割れたかもと心配していた。
荷物を預ける際にも、係のお兄さんに何度も割れ物だからねって念をおしていた。
私は突然思い出した。「最初から預けていない。あのターミナルで預ける為に荷物を係員の居るところに移動するときに、一つを置いたままバスの下の荷物スペースにおかれた割れ物の袋を二人で見に行ってしまったことを」。
「あっ、ターミナルの16番ゲイトに置き忘れたかも知れません」と。
ケイコもどうやら思い出したようだった。
係の兄ちゃんは、モレーリアのターミナルに電話すると言ったが回線がおかしくてかからないと言った。最初はケイコだけが事務所に入って話していた。
私はすでに受け取っていた大荷物を一人でやっと事務所まで移動させ、話しに加わった。「電話をもう一度かけてください、お願いします。」回線の問題なら、私の携帯を、と思いきや、事務所の他のおじさんが自分の携帯を係の兄ちゃんに差し出し、電話はモレーリアのバスターミナルに繋がった。ブルーでチェック模様のトランクがないですかと。「鍵がついてる?」と。
そうそう、そういうのが見つかった?えっ!有ったの?
どうやら有ったらしい。
1日に一本しか走っていない、高級バスだから、次の便は明日の同じ時刻で、もう一度バス料金を支払うなら明日の夜8時に来るようにと。言われ、飛び上がって喜んだ。
もし、本当に戻って来たら奇跡だ。
泥棒が多いと聞いて居るこの国で、ケイコが置き忘れた荷物が、翌日戻ってきた。
ターミナルにいき、その兄ちゃんにもたっぷりお礼をした。
ケイコは、自分のやりそうな失敗だし、割れ物に気を取られるなんて、有りそうなことで驚かなかったと言う。
私は翌日戻るまで、かなり消耗していたのだが。
ヒデコ
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/686-09c1fb43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。