PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日帰り旅行その1

23年前に、私は一人で、メキシコの旅をしている。
そのときは、円が確か240円とかして、女でふたつで子どもを5人育てていては海外旅行など高値の花だった。
それでも、30代のうちにどうしても行きたくて、39歳の時ある人から大金を借金して、ニカラグアツアーとセットでメキシコの旅を、現地のいろんな人に助けられながら、一人旅をした。
当時はスペイン語は片言さえ話せず、旅の緊張で血尿が出たり、迷子になり、日本に、帰らぬ人になってしまう恐怖を伴いながら、やきものの現場をまわった。
実はその時、買って帰ったものがある。
メキシコ湾に沿うハラバという地域で作られた、「笑う顔」という作品だ。
なんだ、ヒデコがやっている、個展のテーマ、笑う顔とか笑う壷とかいうのは、そのパクリかよ~。って?
それはその全く、パクリではなく、私が、メキシコの大昔の人にとても近い発想が有るからなのです。
だが、その23年前に、私がかったやきもきのへレプリカですが、その、ハラバには行けなかった。
その後、ケイコと、息子のカラと1990年にラテンアメリカ5ヶ国の旅でも、メキシコには行ったが、ハラバには行けなかった。
今私が滞在している
ベラクルスから2時間で、ハラバだ。
ケイコをホテルに置いて、ハラバの日帰り旅行を計画した。
ところが、前日になって、ケイコは、やっぱり一人でこの町にいてもねえと、結局、二人で、「笑う顔」を求めて、日帰り旅行に行ってきた。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/679-cab25ccf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。