PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幻のワチナンゴ(後半)

(続き)
とにかくガツガツ食べた。後二回程来た流しもアクセサリー売りも「今取り込み中!」と断った。
1日一回のメキシコ料理だ。しかも今までで一番の。
ゆっくり食べ、ゆっくり飲み、やっと会計。ところが!!
明細が書かれた紙にはワチナンゴが220ペソとなっていた。
説明もサービスもまあまあだったセニョーラとやり取り。
150ペソは他の料理だとか、つじつまの合わない主張を淡々と。
説明不足!と、こっちも引かない。
全部で300ペソのはずが420ペソと付いた明細を見てちょうじりの合わない70ペソを引いて350ペソ出す。
「違う!」と言われる。
とうとう「けいさつに行こうか」と私。
あと「25ペソだけ!」と彼女。
それに応じて一件落着。
10%のサービス料のみ引いたそもそもチップのはずだったサービス料までついていたということらしい。
店を出るとき
「旅行者のことなんと思ってるの!?、あなたが感じ良さそうだから入ったのにー」と。
彼女の逃げる目を射止めてぐいと言う。
「ぼられた」と思うのは約束が成立しなかったときだ。
高いツーリスト価格も安心と引き換え保険料と思うことも多い今回の旅。
ところで、ワチナンゴはガイドブックによると、ワインを使ったタイの煮込み料理のこと。
揚げると言われてへんだと思ったんだ。
ああ幻のワチナンゴ。
私たちの入った店が居並ぶ店の中で一番貧しそうだったとあとからわかる。
ただ今ラテンアメリカおさらい中。メキシコの章は続く。
ちなみに1ペソは7円程。
ケイコ
スポンサーサイト

| メキシコの旅 | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/678-91dc6f25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。