PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メキシコシティーに着いた

itiba

いつもの中南米への旅は、USAを経由する飛行機会社だったが、今回はメキシコシティーにダイレクトに着陸し、タクシーで、ホテルに横付け、まるでどこかのツアーに参加して、よその国に入国できたみたいに楽だった。
ケイコが見つけていた店に予定通り、ベジタリアンレストランにすぐゆき、遅い昼ご飯を食べた。豆や唐辛子の料理に二人で、大満足で直行便だったアエロメヒコ航空でも、ベジタリアン食を注文できたから、高度2000メートルを越えても、お腹が苦しくない。
さて、ホテルの部屋で、持ってきた鍋に、携帯用湯沸かしで、暖かいお茶でも入れようかと、電源を入れた。ところが故障していた。
二人とも泣きそうだった。ベジタリアンを通すために、湯を注いで食べられる日本食をしっかり用意してきたからだ。
1日一食は、日本食を通し、あとはおいしい、メキシコ料理を食べる計画なのだ。
そうすれば、経済的にもだいぶ節約になる計画だったのに?
そこで、サバイバーのヒデコはドライバーもないのに、ナイフで湯沸かし機を分解。3時間かけて修理した。
福井を出るとき、野菜がゆだるかテストした時どうやら壊してしまったようだ。
一瞬湯が沸く音がしたが、もとのもくやみだ。
「そうだペルーでポット型の湯沸かしあったじゃない」とケイコ。
それで2日目は5件聞き回って、電気ポットをみつけた。親切に教えられながらも、なかなかたどり着けなくて、二人で楽しくて仕方ない。
すっかりラテンアメリカを味あえるからだ。5時間ほど首都の繁華街から、危ない市場の通りまで歩き回り、朝のパンやチーズ、アボガドやトマトを買って帰った。もちろん、早速、まごへのおみややげや、民芸品の買い物もし、安くて新鮮なジュース屋さんや市場の食堂も初日にしては上出来だった。
大満足の一日だった。
夜はケイコが酸素不足でじんましんがでて、じんましんのツボにお灸をした。成田で取り上げあけられてマッチがなかったが、いいホテルで備えつけのマッチがあって、またまた満足の初日だった。
買い物した野菜やチーズはホテルの氷で冷やし中だ。
私たちの旅の醍醐味はサバイバル度を楽しむのです。でもホテルはかなり上位の安くてよい、ホテルジローです。
それから日本の娘の手術も成功し、悪性の心配はなかったようです?
スポンサーサイト

| ネット社会で | 19:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんだか、無茶苦茶イキイキとしてノリノリの文章だなぁ~。楽しさが伝わるよ。日本じゃもの足りないんだろうね(笑)。20日もいるのに、7泊9日ぐらいのペースで動かないで、ゆっくり楽しんだらいいのに(笑)。

| gobo | 2010/01/30 00:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/674-783a61e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。