PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やきものが売れたら

昨日は、3ヶ月ぶりで本焼きを終えました。
本焼きとは、1250度の温度で、粘土で成形したものを
焼き締まるまで焼くことです。

そして、今日はその、窯だしでした。
窯から、上薬をかけたものはそのそれぞれの色が、
かけなかったものは、越前の土特有の
こげ茶色に、ヒデコ独特の焼き締め方で
緋色と、植物の灰がかかった静かな色が。

やっぱり、窯だしはいい。
歳と、病で
少しづつ、エネルギーが低下しているヒデコに
果たして、土を焼くことに創造の意味を求められるのか。

窯だしはドキドキです。
自分が見えてしまうからです。

失敗もありました。でも、お気に入りが出た。
出たのです。
友人のブログのおかしな書き込みで
イメージをもらった、指で口を押し開けている
抜けた顔の壺はいけると思います。

久々に、参加したレインボーパレードで、
見た生き生きしたその顔を、
かたちどった仲間たちも
窯から出てきました。

発達障害というか、高機能自閉症の二次障害で
頭が、ぐちゃぐちゃの子がどこかに飛ぼうとしている直前の姿も作りました。

それから、竹の灰で色づいた新しい花生けなんかもイケてます。

もちろん、キャラバンで並べるのは、日用雑器の
コーヒーカップとか小鉢とかもいっぱいあります。

でも、10年前に比べて、作品は劣らないし
もっと、いけてる気がするが、
もっとやりたいのをおさえてる感じもある。

それはね、やきものって、人が買ってくれないと
家の在庫が増える一方で、
作る意欲が半減しちゃう。
どうしてこんなにいいもの作ってるのに
人が買ってくれない時代になったのだろう。

今日そういえば、ブログのこのサイトから注文あって嬉しかったけどね。
私のようね創造的な仕事が売れなくなったら
日本の、女の文化も廃れちゃうよ。
なんてさ。

やきものは、やっぱり売れないと
作るのは、馬鹿みたいだよ。
そのために、倉庫を買わなきゃだめになってるよ。

というわけで、みなさんベロ亭やきものキャラバンに来てください。
21日から、尼崎、堺、和歌山など10日間ほどです。
詳しい日程は、賽窯ブログのほうに掲載しました。
見に行ってください。
http://berotei.blog57.fc2.com/

久々に、遠征です。
どこに、ヒデコにそんなエネルギーがあるのかって?

そう、あるのです。
今日は久々に、ペルーの音楽聞いて踊りました。
いつも、ペルーで踊りまくっていたのに
忘れてました。

生きる力が、自分で再生産できれば最高ですね。
ヒデコ

スポンサーサイト

| やきもの | 02:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

手作りの「やきもの」が「高価な高級品」でなく、誰もが買うことができて日々の暮らしがなごむような・・・、作り人と受け取る人が潤しあえるような、そんな社会にもどってほしい。

| けろたん | 2009/11/14 00:09 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/11/13 11:08 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/641-f489a458

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。