PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブラジル人と

ここ越前市でも派遣切り、というか外国人切りがどんどん進んでひびき日本語教室に来ていたブラジル人も、ブラジルに帰っていったり仕事の契約期間を短縮されたり首をきられたりめちゃくちゃです。家を買ってローンを組んだ家族が1ヶ月先が見えなくてその不安なかおったら。大黒柱のNさんは奥さんがまだ1ヶ月契約期間が残っているが中学2年生と5歳の子供がいる中で1月19日市内の村田製作所をやめさせられた。Nとは、去年から移住労働者フォーラムの報告を私がしたり労働者の権利についてだいぶ前から話しつづけて来ている。日ごろから彼らのきつい労働条件についても聞かされて入るが何とか、彼らが生きられていることで彼ら自身がそれを容認しているので話を聞くだけの付き合いだった。ところが、仕事とを失ってからはもっと深刻で、まず市営住宅の家賃のことで相談を受けた。これって基本的なことで労働組合が選出している市議会議員だっているんだし私も食えないでいるのに奔走する立場でないよ。議員の仕事のような気がして2,3相談してみるがなかなか答えが返ってこない。ところが昨日、市内の国際交流協会のイベントに参加してみてびっくり。パーティー、とか日本茶とか、日本料理とかで今の深刻な状況とは直接かかわっていない。日本語能力試験の模擬試験をやっていた。何で今頃やるのかな。ブラジル人の窮地を考えないで日本語のテストをするのは日本民族優先のような感じで私はつらくなってしまった。今日は、市役所の建築住宅課に私がいって相談した。Nさんが前に市役所で言われたのは4月以降でないと、家賃の見直しはないといわれたという。思い切って、減額の措置はないか聞いてみた。やっぱり、できそうだ。Nさんを役所にすぐに呼んで2月からの減額ができることになった。どうしてこんな簡単なことを議員たちすぐできないの?大きく考えすぎるのかな。私は、すぐ動くから帰って結論が出るのかな。Nさんは大喜び。仲間にも伝えるそうだ。ヒデコ
スポンサーサイト

| | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/506-f6689647

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。