PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エリントンのケチュア語の響き

今日の復習と予習コースには、バロイスも現れず、まったく新人だけでした。地震のこともあり、自然とスペイン語で話になったりしつつ、新しいこと、習ったことの練習を、実にゆっくりとしました。なんだか、私もすごく楽に自由になった感じです。

それから、クラスの後半から自然とケチュア語の話になりました。本当に若い、十代二十代の彼らがそれぞれ語る、ケチュア語体験はなんだかとてもうれしいものでした。ケチュア語には、偉い人への言葉、身分の低い人の言葉、という区別はまったくないそうです。みんな友達で、やさしい気持ちで相手を包むことが肝心みたいです。そして、くすぐったくも楽しい言葉みたいです。

なかでも、エリントンが完璧にケチュア語を知っていることは驚きでした。不本意にも母と父とは暮らせず、おばあさんと暮らしている結果、彼はケチュア語のプロにでもなったようです。この発音だと、失礼になるという例が皆から出され、その見本を彼がやってみせてくれたのです。感動ものでした。そして、皆の目の輝きもいつもとぜんぜん違うものになりました。

私は関西弁と関東弁の違いを話しました。阪神大震災のとき、東京人が地震のニュースを見ていてさえ、漫才などお笑いの文化に染まった関西弁がものすごくおかしいものに聞こえたという事実も話しました。ヒデコは家では関西弁、外では関東弁育ちで、まさにバイリンガルであることも。孫のイオンにいたっては、完璧神戸弁で、「何をしているの」が「なにしとん?」になることも、イントネーションを含めて伝えました。

それから、アイヌ民族の歴史、アイヌ語の現在なども話しました。完全なケチュア語は、スペイン語と混じってなくなりつつあることも、彼らは議論していました。私はアイヌ語の悲しい現在を語り、一人胸のうちで、日本語でさえ、カタカナの英語もどきに侵略されている事実を思っていました。

一日に、世界中で何百という、先住民や少数民族の言葉がなくなっている、と聞きます。その言葉は、それを使う人々独自のもので、そこにその人々の文化のエキス、考え方、生き方のエキスが詰まっています。文字がなかろうと、なんであろうと、それは本当は誰にも侵せないものであるはずです。

彼らは、ケチュア語がインカ帝国の言葉で、他になくなった言葉があることなども話していました。日本語が今も生き残っているのはなぜなのでしょう。

ケチュア語は日本語と、主語目的語動詞、というような順序が同じです。だから、彼らはとても学びやすい面があるのは知っていましたが、具体的な響きを伴いながら、しかも今もそれをなんとか伝承している若者たちを通して聞くと、なんともいえない豊かな気持ちになります。

フスティノは、マチュピチュに行っていていませんでした。なんとかこの観光列車は地震の影響もなく走っているようです。リスもバロイスもエドゥインもロベルトもいません。

そのかわりといっては変かもしれませんが、古株だけど新人と学びなおしているパウラ、それから欠席しがちではあるものの、来ると元気なエリントン、それにいつもやさしいイルデ、そして日本語クラスでは間違えてばかりのバネッサのメンバーでした。

ロナルドは古い織物に関する講座があるとかで、途中から退座しました。でも、クラスそのものはとても楽しいものでした。

今でも、ケチュア語を話すことがみっともない、という差別的な風潮はあります。その体験をパウラが皆の前で話しました。学校で先生が、「ケチュア語を話す人は?」と聞いて、手を挙げた子どもたちを馬鹿にするように見下したというエピソードです。そのときは、自分はどうしていいかわからなかったと、皆の中では一番ケチュア語を知らない彼女は話します。

私はこんな話をしみじみと、また笑いながらしながら、とても幸せでした。ここには、まだ先住民の息吹が生き生きと生きている、少なくともこのグループの中には生きている、それがどんなに大切なことか、身にしみるように思いつつ、あらためて日本語を教える意味に立ち返りました。

地震の続報はいろいろありますが、今日はこんなところでやめます。

ケイコ

スポンサーサイト

| プエンテの会から | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/392-a793cab5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。