PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

土づくり

陶芸祭り前に大物のろくろを引こうとしたら
粘土がさけて25キロもの土全部が失敗という
30年の経験でも初めての事態が起こった。

どうやら、30本ほど残っていた土全部がこの問題の土であることがわかり
祭りが終わった6月5日から新しい粘土を用意することに決めて
越前焼組合の廃土工場で粘土を買いに行った。

10KGで1050円もする高い土だ。
その土に私の場合は別のところで買ってきた安い土を混合して
安くて使いやすい粘土をつくっている。

ところが、いつも、廃土工場でビニールに包まれている土は,
ビニールがもったいないから
包む前の土を買う。

これをください。
と工場の人に言うと
この荒土は、白ネバが入っていないから、
ビニールに入った荒土は白ネバが入っているからそっちを持っていきなさいという。

いつからそうだったのか。
2年前か、3年前か。
2年前は、ビニールに包まれた土を買った。
ろくろの土はずっと問題なんかなかった。
それがあと少し残っている分だけが粘性が足りない。

ということは、3年ぐらい前に買ったビニールに包まれていない荒土は
粘りのある白ネバが入っていないものを買わされたのか。
ひどい粘土工場だ。

とにかく秋の、広島の個展の制作に入るため
粘土を大急ぎでつくることにした。

陶芸祭りに手伝いに来た、息子のカラにまたもや神戸から来てもらった。

わたしの腰の悪さをいたわり、土づくりに励むカラ。
ケイコの腕の痛みをいたわり、料理作りも助っ人をするカラ。

持病をもって8年目、病気を越えて、気持ちよく助っ人をしてくれた。


正味3日半。二人で作った粘土は600KG以上だ。
カラありがとう



スポンサーサイト

| 暮らし | 02:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/355-62280edf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。