PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログとブログのあいだで

人生の転換期にある知人が、私たちのこのブログの日記の頁を、今はゆつくり読めると言ってきたよ、とヒデコが伝えた。なんだか、嬉しかった。

最近は、一日にだいたい50人位が読みに訪ねてきてくれている、この私たちのブログ。どんな人たちが読んでいるのだろうか。ベロ亭の昔からの友人、知人、娘、姉妹、
プエンテの会の関係者、支援者、お仲間。

それ以外に案外どんな人が読んでいるか、わからないのがブログというものの、スリリングなところかもしれない。

たとえば、先週何回か仕事でおつきあいした、公共放送のアナウンサーは、駐車場に停めたうちのジープ、ジムニーを見て、
「ああ、これが、あのタイヤが飛んだという車ですね」
と言い、二月のブログを読んでいたと判明した。

時に、50人が最近は100人近くなっていることがある。見に来る人が多くなるボキャブラリーが入っているのが明らかな事もあるが、全然その理由が思いあたらない場合もある。

たとえば、劇場公開の映画名とか、よく知られている番組名とか、かな。見る人が多くなる挿入語句とか、題名とかという点では。

こちらから、気にして覗いているブログもいくつかある。

そのうちの二つが最近、更新されなくて気にかかっている。元気にしているのかな。どうなんだろうか。心配になったり、また、何か大変な日々になっているのかな、と思いをはせたりする。

一つは家族のブログ。もう一つは、一週間前訪ねてきて、胸の奥底までしんと澄み渡る対話をした人のブログ。

私にとって、そのことは深く大きな事だったから、わりに生真面目に更新されるこのブログの、ここしばらくの沈黙が気になり始めている。ただ、忙しいだけならいいんだけれど。家族のブログは、うーむ、いつもじっと待つ。じっとじっと待つ。

こんな風に、ブログがいかきい、人々の心の淵で、何か違ったことの動き方が始まっているのが、昨今のネット社会なのだろうか。

おとといの土曜のブログに、久々に書き込みがあった。早速、お応えした。応えてから、
泣けた。そんな効用も持ち始めているブログ。

ヒデコは、やきもののことをアップしたい、と言いつつ、なんやかんやで忙しく忙しくしていて、書く時間もない、と言っていたので、今日も私が書いてしまった。

今、隣りで文句を言って、部屋の向こうに忙しく動いて言った。ごめんね。

ケイコ



スポンサーサイト

| ベロ亭から | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/344-b74a9f60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。