PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

能登半島地震のお見舞い、ありがとう、(27日に加筆しました)

昨日、相棒がブログを書き終えて、私も読んでアップして
私が眠りに着いたのは、午前3時過ぎ。

湯たんぽをしなくてもよい、暑い夜だった。
明け方、余りの暑さで布団をはいで寝ていたほどだ。
こんなに妙に暑い時に、これはくることが多い。

ぎしぎしぎしぎし。
ケイコのベットも私のベットも築100年のこの家の
太い太い幹一本を使った大きな梁の下にある。

だから、私は叫んだ。
「ケイコチャン地震」
二人とも階段を大急ぎで下りて
玄関口をあけた。

短かく感じたが、かなりのゆれだった。
この家が古く危ないことを知るのに十分の音だった。

恐かったが、まだ寝不足なのでそのまま、またベットに。
午前9時42分だった。
8分後、枕元の私の携帯がなった。
息子から、「地震大丈夫?」と第一番目の見舞いメール。

阪神大震災で、住んでいたアパートが全壊し、
16歳で一人被災した息子の空(から)からの地震見舞いはいつも実に早い。

私は、ゆれの震源も確かめずに再び眠りについていたことが
少し恥ずかしかったが、
息子に、「どこが震源地?」と返していた。

また眠りに。続いて娘のつれあいから、また見舞いメール。
うーん、大きな地震でも起きているのだろうか、と
テレビをつけに階下に。
どうやら能登半島らしい。

ベットにまた戻る。
今度は、友人からだ。
大丈夫かと。
そうか、友人だ!
やっと我に返る。
能登には友人がいる。
電話を鳴らすが、無音。
しばらくして、この地方の回線は混み合っていますとアナウンス。

心配だが
また眠る。

姉からも、娘からも。タンポちゃんからも。
メールが続く。

本当に心配してくれてありがとう。

ケイコは、午後から能登のキャラバンでお世話になった方などに
電話をかけまくった。
なかなかつながらない。

が、ぼちぼち繋がり始め、無事がわかる。

まず、繋がったのは、高岡市近郊の友達の食堂。
「大急ぎでテーブルの下にもぐって、
おさまってからガスの火を消した。
被害はないから大丈夫。ありがとうね。」
消さなかった火で何もなくてよかった。

壁に亀裂が入ったという珠洲の寺。
これは寺で使われている人からの話で、
友人は法事の仕事で出ているとか。
仕事ができるならいい。

金沢市のお寺では娘さんが出た。
「大丈夫」言葉少なに答えてくれる。

羽咋市近郊の寺でも、壁に亀裂が入ったという。
キャラバンのたびに泊まらせてもらったお寺だ。

本当にどこも皆、キャラバンで世話になっている。
世話になった石川県のお寺はどこも浄土真宗のお寺だ。

この寺の友人の親戚の輪島市近郊の寺では、
軒並み鐘楼の屋根が落ちたという。
恵子は「ベロ亭」の近況を心配して聞いてくる友人に
子供たちのことを話しながら、
「お見舞い電話が、反対になっちゃって」と悪びれる。

やっとつながった志賀町の友人宅では
陶器が沢山割れ、トイレのタイルが崩れ落ちたと
お姑さんにあたる年配の人がやさしい能登弁で答える。
事実婚の別姓でやっている「嫁」のことは、
「姉ちゃんはなあ、輪島に行っていてなあ」と語る。

ここは最も震源地に近い場所だ。
夜になってやっとつかまった彼女は、
輪島までの海岸沿いの門前町がかなりやられている事を伝える。

彼女は、老人施設を、輪島で経営していて駆けずり回っている。
恵子の電話を切るとすぐまた輪島に行くとの事だった。
輪島では、今晩水が出ない。
二階に寝ている入所者のお年寄りを階下に移さなければならないという。

「何か必要な事は? 必要なものとか。」と言う恵子に、
「今のところ、大丈夫だと思う」と彼女。


この地震は、昨日の核燃サイクルの映画の後で本当に恐かった。

志賀原発は、制御棒が抜けて、臨界に達していた事件が発覚したばかり。
だから、幸い原発は止まったいた。
もし止まっていなかったら、どうなっていたのか。

その報道は、不思議なくらいない。
原発の報道は、緊急事態でも規制されているのだろうか。
「放射能漏れはありません」と5-6時間地震放送を聴いていたが、
一言聞いただけだった。

恐いのは、何か。




AUTHOR: けろたん DATE: 03/26/2007 09:06:06 お世話になったたくさんの人たちが心配です。
スポンサーサイト

| ベロ亭から | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/320-db1762d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。