fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プエンテの会が支援しているのは?

クスコの『自主学習グループがんばろう』のバロイス君が
ブログを作りたいと申し出てきました。

その見本に送ってきた画像が右の漢字の試験問題です。
皆さんは、これを見てどう思いますか?

この試験問題を作ったのは、
昨年暮れ日本語能力試験4級を受験したロベルト君です。

『自主学習グループ』の意味はまさにこれです。
共に教えあいます。
わかっていることを分かち合います。
日本語教室といえばわかりやすいのですが
ただ、日本から教えに行っているのではありません。

ロベルト君は、去年は試験こそ受験しましたが、
その後休みがちで、存在が危ういくらいでした。


そのロベルトが、最近がんばっている。右の写真にもあるように。

1月はじめバロイス君が、リマの日本語教師会が主催する
教師のための研修会に出席して受けた刺激は大きいようです。

バロイス君はそこで話されていた、
教えるテクニックについての日本語のほとんどを理解できなかったよう。
3級レベルの日本語では難しすぎるのは至極当然!
それでも教えることの意味はものすごく理解してしまったようなのだ。

そして、グループに持ち帰り、教えることの意味を伝えてしまった。

どうやらロベルト君も刺激されたようです。

私たち、日本の『プエンテの会』が支援していることの要の一つを
理解していただけたでしょうか?

こんな試験問題しか作れない奴が教えてるのか、と思われたのでは・・。

実は、この試験問題、ケイコ先生によると、四つ明らかなマチガイがあるとのことですが、そんなことなんのこと!!もちろん、マチガイは日本からメールで指摘するとのことです。


スポンサーサイト



| プエンテの会から | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/306-984e6465

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT