PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家庭訪問

ケイコの方針で、
日本語能力試験受験者の家をたずねたいと生徒にいってあった。
そのうちの1人エドウィン君が家に来てほしいといった。
実は、彼の兄弟が、グループの新メンバーとして9月から二人加わっている。
感受性があり、ボーイッシュなエルメリンダおねえさんと妹のエリだ。

その上もう1人のエドウィン君のおねえさんメチータは、我が家の掃除、洗濯、買い物、料理を週3回きて手伝ってくれている。
何せ兄弟は12人なのだ。

そのうちの4人もが私たちとかかわりがあるとなるといかざるおえない。
日曜日に招待を受け、私たちは訪ねた。
残念ながらキヨコ先生は体調が優れず、ケイコと私そして、
リーダーのフスティノさんが行った。

すり鉢状のクスコの町の最も高いところに住んでいることがわかり
教室に通ってくるのも大変だとわかった。
メチータにはもちろん交通費を払っているが。

出された食事は伝統料理のクイとロコトレジェーノだ。
クイはハツカネズミの一種で、鶏肉よりもさらにこれストロールがなく
おいしい肉だ。
ロコトレジェーヌはピーマンのような形の唐辛子の中ににんじんや肉などを詰めた辛い料理だ。
エドウィン君のお母さんは、中央市場でその料理を平日は80個、土日は150個、売っているという。

典型的な先住民の家族に招待されたわけだedouintaku
スポンサーサイト

| プエンテの会から | 13:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/267-b12da662

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。