PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本語能力試験三級へ

ケイコはヴァロイス君に日本語能力3級試験の勉強を教えています。
最近50課までの授業を終え
、これからは12月の上旬の試験に向けて
問題練習に入るそうです。

ところで、恵子の教えることは、
言葉の持つ根源的な意味です。
だから、少し遠回りして、スペイン語を教える(?)ことがあるようです。

キューバの歌手でシルビオ・ロドリゲスという有名な人がいます。
その彼の歌「問題」の音楽をスペイン語で歌詞を紙に書かせた。
彼はその歌を知らなかった。
そして、歌詞を書いて感動したそうだ。

バロイスはそれなり、シルビオの唄がわかってるのかもしれない。
でも、正直に半分しかわからないって言う。
問題ってタイトルの唄が、問題は、問題は、なんとかじゃないとかとか、
繰り返される。
ちょっと哲学的でもあり社会的でもある。

そんな授業があった後、クラスの委員会があった。

ペルー人か他のラティノか知らないけど、
やはり、「問題」って唄があるらしくて、
で、その話題がそっちにいきそうになったとき、
バロイスはそれは恋人に当てた唄だけど、
キューバのシルビオのは社会にあてたもの、とみなの前で話したそうだ。
 ケイコとのチャットで聞いた事をもとにヒデコがまとめたsiruvio
スポンサーサイト

| プエンテの会から | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/258-1cf4bfe7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。