PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

婚姻と嫁入り

この田舎では、行政が出す広報で、平気で今はないはずの「嫁」とういう言葉が使われることがある。

私は結婚した娘の連れ合いの両親の家を嫁ぎ先とは思っていない。
たとえ彼の両親と同居してもだ。
ところで、その親から丁寧に私の娘のことで挨拶をされた。
「病院に連れて行ってもらってお世話様です」とか
「(娘が)お世話になっています」と言われた。

お世話をしていないし
わが娘にこの言葉・・。

余りのショックで、私は私の住んでいる福井県のある人に
世間では、結婚するとそこのうちの両親はこういう挨拶をするのかと聞いてみた。
「福井県ででは、常識です」と言われた。
特に「あなたのような年齢の方たちはみんなこの県ではそういうふうにいい
婚家は嫁を所有するものだそうだ。
それがいやなら、結婚に反対すべきでだ。
息子夫婦の問題をその両親が責任を取れる立派な家に
嫁にやるようあらかじめよく検討するのが、
嫁入りの内実だと教わった。
そして娘は「手放す」気持ちで、こういう挨拶を受けいれて
遠慮をするのが常識だそうだ。

私はそんなに世間知らずでない。
これが常識だなんてありえないとおもっている。
関東育ちで、私の明治生まれん父親には実家がなく、
同じく明治生まれ母には実家があったが
家と家のそうしたつながりは感じることはなかった。

娘の時代からは、母の世代と100年もの年がったっても
こんな世間は生きているのだろうか。
ブログの読者はどんな常識ですか?

娘が住んでいるのは、福井県ではない。もっと大都会だ。
ところがそういう考えを持っている人に
とてもリアルに、「娘の病気」を間に挟んで会ってしまった。


そんな考えは、私にも娘にもない。
娘は、「入籍してね」といわゆる姑にいわれ、
「いいえ、二人で新戸籍をつくるのです」
とこたえたそうだ。

私は、「戸籍法」を全く無用のものと考えているし、
国家が管理するためにつくった恐ろしい法律だと考えている。
こうした私の考えは少数派だと知っている。

ただ、家と家が婚姻によって新たな所有関係を作ると考えている人は
もはや、少数派だろう。


「婚家」の両親が、私の娘を娘のように思ってくれている気持ちを
拒否するつもりはない。
こうした、違いをどう超えるかは実のところ私にはわからない。

距離をもってこのことに対処したいし、
何よりも、娘の病気を優先して考えてやりたい。

考え方の違いがあるとき、お互いをどうやって大切にし合えるのか。
何も結婚に限らず、会社でも異国でも
理解しあうのは難しすぎる。

それでも感じ会ったり、想像力を働かせるのが
最も大切なこの社会だ。
どんなに違っていても。
互いに。

ヒデコ




AUTHOR: けろたん DATE: 08/19/2006 23:18:44 自分が何を心に植えつけているか、意識するのは案外難しい作業のようです。
 私にほとんど文句が言えない親も、兄弟のケッコンにあたってはガタガタあったよう。女ばかりの末娘の新婦の親と、どっちの氏を名乗るかで駆け引きがあり、ずいぶん婚姻が遅れたのだとか。だいぶ後に聞いて呆れた。お互い実態のない「イエ」なのに。
 若いときは、違うから理解不可能だしコミュニケートしようと思わなかった。今は、違うけれどある意味理解可能だしつきあえる。自分と人が違うことは特別でなく当たり前だと思えるようになったので。おかげで無用な失望もなくなった。
 連れ合いの親は自分たちの考えを押しつけない人で、思想的な理解ではないかもしれないけれど、信頼の情を伝えることのできる人たち。ありがたいことです。
 私の場合は不遜であったので、人とのつながりはゆっくり、決めつけたくないと肝に銘じています。
 

スポンサーサイト

| | 20:38 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当に、これが常識なんですか。
では、戸籍のことを認めてみましょう。
娘がいうとおり新戸籍を作るだけで、家にはいったり、嫁に来たと思い込むことが法律違反だという事こそ常識ではないでしょうか。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~bumsat/B-hp.Main.htm#コセキ

| ペデコ | 2006/08/28 03:04 | URL | ≫ EDIT

相手方の常識、私は年若いほうに属していると思いますが、そういうものが世の中に依然としてあることはよく感じています。身近で接することは少ないですが。
私も自分の常識のなかにはないので、戸惑いがちです。反論するとお説教が長くなる、と最近学びました!

若い人は・・・とよくうんざりさせているみたいです^^;

| オノ | 2006/08/27 16:21 | URL | ≫ EDIT

shu-さんへアドレスかURLを書いてください。
それに文が途中で切れていますよ。

| ヒデコ | 2006/08/21 21:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/209-0969a28d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。