PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

瀬木貴将 と越田太郎丸のジョイントコンサート

福井市でプエンテの会も協力団体となり、
瀬木貴将さんのケーナとサンポーニャ、
越田太郎丸さんのギターとチャランゴのジョイントで
二人のオリジナル曲をたっぷり聴いた。
フォルクローレはなんと1曲だけ。

これら南米の楽器を使って、
心にしみる新しい音楽を思いきり聴けた。
南米土着の楽器が、日本人のミュージッシャンの
自然体で自由な、オリジナリティ溢れる創造性に触れて、
また違う世界を生み出していく。

参加者も80人を越えただろう。

始まる前に参加者は、この日のもうひとつの出し物
ペルー料理にも舌鼓を打つ。
私たちが相談にのった、ペルー風カレーこと、アヒデガジーナと、
紫とうもろこしのジュース、チチャモラーダだ。

プエンテの会も、他の天然酵母のパンやさんや蜜蝋ろうそく
ハーブティなどと並んで物販コーナーに出店した。

絵葉書やプエンテの会の会報は売れなかったが、
始まる前のケイコのアピールで、
参加者にカンパ箱を回して6300円のカンパが
クスコの今年の活動に向けて集まった。
民芸品も指人形を中心に幾つか出た。

実は、はじめて知り合ったスタッフの一人が、
私の著作を京都の友人から『面白い本だ』と薦められて、
すでに借りて読んでいて、
目の前の私が著者だとわかった時は、
驚きながらとても喜んでくれた。

こんなふうな形の読者との出会いは初めてで
本屋に出回る本を出版して良かったと思った。

写真は、瀬木さんが会場からの希望テーマで、
3分間で作曲をしているところ。
カーボン紙を引いた、五線紙に書き込んで、
間もなくお二人の演奏が始まった。
即興の曲のテーマは『開放された自由』だったsegi


AUTHOR: けろたん DATE: 06/29/2006 07:34:25 ほんとに絵葉書って売れなくなりましたね。
私のところも通信のお返事は電話などいろいろ来ますが、
誰も注文してくれません。
 移住してがんばって絵で稼いだ大金をつぎこんで作った4000枚、
どうしようか溜息ばかりです。
 これだけあると自分で使ったり人にあげても限界が・・・
病気で営業ができなくなった数年のブランクは大きすぎる。
 みんな葉書一枚書く余裕も失っているのでしょうか。
スポンサーサイト

| プエンテの会から | 03:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/182-a8856238

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。