PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陶芸祭りが終わって

すごい人だったけれど、気持ちよく終わった陶芸祭り。

毎年楽しみに来てくれる人が多くなって嬉しい。
このテントはどこか違っている、という人も多い。

看板娘の大作泥人形に向かってくる子どもも多く、
三、四歳の子どもなど話しかけながら突進してくることも。
「さわってもいい」と四、五歳の子どもが頭をなでていくことも。
こういうとき、私の作品の力を感ずる。
これこそ、本当の作品ということかもしれない。

店頭に、目的の色にならなかったものや、石が出たものなど、
ディスカウントのものを並べた。
安売りのこのコーナーから奥に入ってくるなり、
そんしょくのない大皿を見て、
この女にこんな作品が作れるのかと露骨に
私の上から下まで見る客もいる。
おまけに、本まで書いていると知ると、
こんな女に本まで書けるのかと
不思議そう。
態度が急変する客もいる。

人は他人の価値を見出すのが、なかなかできないものなのだろうか。





二枚目の写真は搬出中のヒデコと八重。
八重も相当頑張ってくれた。
久々に一緒に仕事をすることで、八重のてきぱきした仕事ぶりにふれ、
親として一安心だし大助かりだった。



スポンサーサイト

| ベロ亭から | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/171-7d56e166

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。