PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誰が駒鳥を殺したか    長田弘 …実は、これは「マザーグース」のブラックユーモア的解題 …引き裂くように胸が激しく痛む日曜の夕刻に


誰が駒鳥を殺したか    長田弘
…実は、これは「マザーグース」のブラックユーモア的解題
…引き裂くように胸が激しく痛む日曜の夕刻に
写経のように打ち込んでみる。…改行など若干変えました!


誰が駒鳥殺したか

ある日、一羽の駒鳥が殺された。

誰が殺した、駒鳥を?
「ぼくじゃない」雀はいった。
「殺したやつだ、殺されたやつを殺したのは」

では、誰がみた、駒鳥が殺されるのを?
「ぼくじゃない」蝉はいった。
「殺したやつだ。誰もみてない殺しをみたのは」

では、誰がみつけた、殺された駒鳥を?
「ぼくじゃない」魚はいった。
「殺したやつだ、まっさきに殺された駒鳥をみたのは」

では、誰が希った、駒鳥が殺されるのを?
「ぼくじゃない」甲虫がいった。
「殺したやつだ。殺されたやつの死を希ったのは」

では、誰が掘った、殺された駒鳥の墓穴を?
「ぼくじゃない」梟はいった。
「殺したやつだ。墓穴の正しい大きさを知っていたのは」

では、誰が説教した、殺された駒鳥に?
「ぼくじゃない」鳥はいった。
「殺したやつだ、殺されたやつに観念しろといったのは」

では、誰が祈った、殺された駒鳥のために?
「ぼくじゃない」雲雀はいった。
「殺したやつだ、殺されたやつの完璧な死を祈ったのは」

では、誰が悲しんだ、駒鳥の死を?
「ぼくじゃない」紅雀はいった。
「殺したやつだ、殺したらもう殺せないと悲しんだのは」

では、誰が用意した、殺された駒鳥のためのその棺を?
「ぼくじゃない」鳩はいった。
「殺したやつだ、殺されたやつにぴったりの棺を用意したのは」

では、誰が参列した、殺された駒鳥の葬儀に?
「ぼくじゃない」鳶はいった。
「殺したやつだ、予め葬儀の日どりを知っていたのは」

では、誰が覆った、駒鳥の棺を白布で?
「ぼくじゃない」みそさざいがいった。
「殺したやつだ、事実を白々しく覆いかくしたのは」

では、誰が歌った、駒鳥のために弔いうたを?
「ぼくじゃない」鶫はいった。
「殺したやつだ、葬送行進曲の好きなのは」

では、誰が鳴らした、駒鳥のための弔鐘を?
「ぼくじゃない」牛がいった。
「殺したやつだ、鐘つきながら息ついているんだ」

では、ここにいる誰でもなかった、
殺された駒鳥を殺したやつは。

それでおしまい。
問われたものは、殺さなかった。
問うものは、問われなかった。
殺されたものは、忘れさられた。

なんとありふれた殺し、
なんとありふれた裁き、
なんとありふれた日々、
ぼくたちの。

告示
殺されたものは
殺したものによって殺されたが
殺したものがいないのであれば
殺されたものもまたいないであろう
きみが殺されるまで      (おしまい)

はてさて、もともとの「マザーグース」をご存じない読者もいるだろう。
どぎつい表現、意表をつく誇大妄想、そんなもので溢れるこの伝承、
ところが、「だれがこまどり ころしたの?」は珍しく慈愛に満ちた逸品である。
ころしたものはすぐに白状するし、見たものもお墓を掘ったものも、みーんな、しみじみと自分がなした役割を漏らす。結びは、
「かわいそうな こまどりのため なりわたるかねを きいたとき そらのことりは  いちわのこらず ためいきついて すすりないた」
となっています。
1975年刊行第3集 谷川俊太郎訳 堀内誠一イラスト
よねたにのえ、の幼児期の絵本コレクションより

長田弘さんが、思わず他のマザーグースのどぎつさに並べて、
毒舌的リアリティを謳ってみたくなった真情がふっと浮かぶ。
しかしながら、これがまさに日本の今の、
いえ世界中の今の現実、そう思うとぞっとします。

ええい、誰が誰を殺したの。
ええい、誰が「ぼくじゃない」と言い続けているのだ。
激しい悲嘆の嵐が襲う夕刻には、マザーグースらしく仕立て直された、長田弘氏の、いよいよマザーグースらしい言葉の連なりで荒療治です。

2015年3月20日午後7時  米谷恵子

雀→すずめ
蝉→せみ
梟→ふくろう
鳥→からす
雲雀→ひばり
紅雀→べにすずめ
鳶→とんび 
以上は、のえコレクションから参考にしました。
長田弘さんの作品は、鳥の種類を読み切れませんわ。
スポンサーサイト

| 詩の世界から | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1416-212a1349

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。