PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日11月18日水曜午後7時半から再放送は○時すぎ19日深夜1時20分より。「クローズアップ現代」で、『苦悩する同性カップル・問われる家族の形』が放映。ベロ亭の2011年12年の番組のディレクターの制作です。苦悩と希望がどこまで描かれているか、観ませんか。

本日11月18日水曜午後7時半からと
再放送は○時すぎ19日深夜1時20分より。
「クローズアップ現代」で、『苦悩する同性カップル・問われる家族の形』が放映。
ベロ亭の2011年12年の番組のディレクターの制作です。
苦悩と希望がどこまで描かれているか、観ませんか。
      
2週間ほど前、ふっとひらめくものがあって連絡。やはり制作中でした。
渋谷区と世田谷区のことでマスメディアばかりが、狂奔といってもいい舞い上がりかたをしている、
そんな中、どう描いたら視聴者に、そして悩める当事者に届く番組になるか、
苦悩している制作者が電話線の向こうにはいました。
NHKの告知も、ニュース映像も視覚的には目をつぶってやりすごしたほうがいい、
当事者性を持つ視聴者ががいらっしゃると思います。
キラキラ系の人たちが取材対象ではないということなので、じっくり観てみましょうよ。

ただし、「クローズアップ現代」というニュース性の高い、速効で短期戦の制作態勢のなか、
どこまで被取材者の本音を引き出し、
「問われている家族の形」の可能性への追及とその苦悩のプロセスへと、
いかに迫れているかは観てみなければ判りません。

ともあれ、私たちのあの番組に2年半の制作期間を費やした、あのディレクターの4年半後の番組です。
私は渋谷と世田谷にパートナー証明のために向かった二つのカップルのみならず、
パートナーを亡くした方の取材があったという事に、いたく注目、
よくぞ取材を受けてくださったと、こころの底から敬意を表したいと思います。


日本の東京の「進んだ」と思われるような区で
…世田谷区民は百万人、フクイ県の人口より多いんですよ。私は十代に居住…
あたかも「先をいく」システムがごくささやかながらも作動したらしき現在、
それでも孤独に、言い知れぬ苦悩に、手に負えない自己否定にあえいでいる当事者を、
どこまでそのようなシステムがすくいあげられるのか、
はたまた、カミングアウトなしには済まないようにも思われるそのシステムを、
どんなふうに生かせる道筋作りがあるのか、しかと見届けたいと思います。

芯から、性的少数派が当たり前に存在して、ごく自然に理解の範囲にある。
そんなふうに成熟した社会が来なくては、届けは受理されても、
生きづらさは変わらない、なんてこともないとは限りません。

そんななか、眼を凝らして、29分の番組を確かめたい。

私と英子は、この12月で出逢ってちょうど40年の節目に入ります。
どんなシステムも理解もありえないなかで、
きりひらいてきたスーパーポジティブな私たち二人の眼差しで、
この番組の意味を根底から透視してみたい、そんな思いも募ります。
まあ、拍子ぬけでないことをひそかに祈りつつ。

皆さんも、番組の感想など、拡散しあいましょう。そして、疑問などあればNHKへ。
マスメディアを動かすのは、私たち視聴者であり、そして出演者でもあるのです。

2015年11月18日 午後五時すぎ 米谷恵子
スポンサーサイト

| 虹色カミングアウト | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1369-c74b6927

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。