PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「SOTTO虹あゆみあい塾・第1回目」穏やかにアプローチする波立ちのあとで

「SOTTO虹あゆみあい塾・第1回目」穏やかにアプローチする波立ちのあとで

良かった。芯からそう思えた。
参加してくれた方々、ありがとう。
参加を迷って来れなかった方も、ありがとう。

最初「ささえあい塾」としていたけれど、
ささえあうためには、わかりあわなくては、互いの思いや立場の違いへと、
あゆみあわなくては、と気づいて名前を変えてスタートした昨夜。

歓びも悲しみも、これほど人それぞれだという、
ちょっとした以上のまなざしの違い、
かなりな温度差の違い、をも包み込んで、
進行していく時間と場をつくれたのは、集まった皆さんのデリカシーのおかげ。

そんな場をファシリテーターとして、
あれこれと工夫を凝らしながら、サプライズもこめながら、
進行する醍醐味はなかなかのものでした。
これは、その場に来た方でしか体感できないものだというのは、
どんな場もそうであるのと同じように、
あるいは、どんな場もそうである以上に、
そうであったようにも思えます。

何かここまで「生きてきてよかった」とつくづく思います。
何かここまで、くぐりぬけてきた全てに感謝の思いが湧きます。

水面下では、つまらない、悲しい、やるせない、
そんな動きもありますが、そんなことなんのその。

本当にわかりあい、あゆみあい、ささえあうのなんて、
そんなには簡単にできるものではないということに、
この地と「真剣に、謙虚に」、それでも怒りも消さずに、
それでも愛着も手放さずに、歩ませてくれる何ものかとしか言えない、
そんな大きな力を感じます。

こたえはない。それでいい。
これからも考えていく。感じ合っていく。
そんな「あゆみ」が始まったことを、私は私の心の底から祝したいと思いました。

人と共にあってこその今。
人と共にあってこそ、生きている今。
そして、今日はひたすら一人に返りもしたベロ亭の一日。

ヒデコにも、Gくんにも、ひとつひとつが発見であり、
驚きであり、気づきでもあった…ちょっとしたどきどきもので、
それでも「思ったよりずっと面白かった」と感慨深げに言われ、
それでも「結論なんてなくても、こんなにあったかい場になるんだね」って感じられ、
ああ、ともあれ一回目は、無事幕を閉じました。

というより、きっとそれぞれの中に、
さりげない問い、つきない疑問、ちいさないとしい引っ掻き傷、
なんかが残されて、それでもまた来ようって思ってもらえたような、
そんな感触がうれしくて、
私はひとり、そっと祈り、そっと感謝しています。


ここまで私を歩ませてくれたのは、
多くの友人たち、各地の信頼する仲間たち、
そして、会場を提供してくれている専光寺さんの深い理解、
のみならず、
あのどうにも避けられなかった、
どうにもとどめようのなかったあの体験なんだと、
私にはシンシンとしみていくものがあります。

私は消えていて、それでいてそこにいた。
私はどこにもいなくても、そこにいた。

それができた幸せ。
そう在れた僥倖。

どこまでもニュートラルに、
どこまでも決めつけずに、どこまでも心静かに、
そして面白く、ユカイに、それでも時に真剣に、
お互いがおのずとお互いに芯からやさしくなれる時と場を探しながら、
これからも私の模索は続くんだなあ、とかみしめる。

生きていてよかった。
あなたが、心の底で、
記憶のあそこでもここでもそこでも生きていてよかった。

人生よ、ありがとう。
こんなにも多くのものをくれて。

グラシアス ア ラ ビーダ!
ケ メ ア ダド タント!

静かな一日だった。

昨晩のあの人の震えるように言葉を探す言葉の流れが、
別のあの人の言いよどむ声が、
またまた別のあの人の丁寧に思いをたどり物語る声が、
今日も明日も私を生かしてくれる。
生かしてくれようとしている。

そう信じられる今にゆだねられる平衡感。

ケイコ
スポンサーサイト

| 悲しみにSOTTO虹 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1325-7e272e51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。