PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

のえのコレクションから武満徹のSONGSの楽譜が




ぶあついこの楽譜を見つけて2ヶ月はたったろうか。
最初は、よく知られている「死んだ男の残したものは」を弾いていた。
歌詞もあるけれど、ピアノで十分。

楽譜を読むのはそれほど大変ではないけれど、
時々ビミョウな節回しなぞあって、
それなり面白いし、集中を要するところもある。

最近は、ふっと執筆に、他の用事に疲れたときに、
気分転換と、またいつか「声の演奏」の合間に使える、
そんなメロディないのかな、なんて思いもあり、
少しずつ譜読みをして、弾いてみている。

最近気に入って、やさしめでいて、
なんか少し不気味というか、つきぬけた感じが好きで、
弾いていた「ぽつねん」。
なーんだ、英語の題は、『オールアロウン』だとさー。

で、最近になってまともに歌詞nazo見始めて、
のけぞってしまったという訳さ。

はいはい、書いてみましょうね。
谷川俊太郎先生の歌詞。

一番
公園の陽だまりに、おばあさんひとりぽつねん。
やがて極楽でも今地獄。
膝は痛むし目はかすむ。
富士山だって崩れてく。
もういいかい。まあだだよ。

二番
孫たちの顔おぼろ。おばあさんひとりぽつねん。
やがて極楽でも今地獄。
桜ばっかり花ざかり。
いろはにほへとなんまいだ。
もういいかい。まあだだよ。

三番
来し方も行く末も。おばあさんひとりぽつねん。
やがて極楽でも今地獄。
することもなし退屈だ。
救急車でも呼ぼうかね。
もういいかい。まあだだよ。


これがまた、やさしい節回しと、
絶妙なトーンとが組み合わさっていてねえ。
ぞくぞくしますね。
明日は我が身だー。

それにしても、プリンちゃんの
命日からも半年が過ぎた。

そして、のえの本の登場人物の地元の一人が、
おもい病で治療中だと聞く。

そして、ヒデコもどこかが悪いらしく、
鍼灸の先生がしきりと気にしているという。

いやだよ。
いやだよ。

まあだだよ。
まあだだよ。

まだだよー。

もうよくないよー。たのむから。

まだだよー。
まだだよー。
たのむから。
たのむから。

お願いだから、もうよくないよ。

豪華版の絵入りの楽譜を私が弾いているあいだは、
ヒデコと共に生きていくんだから。
のえの残したこのアルバムを、
ひきこみながら、
きっとまた『声の演奏」をするんだから。

もういいか。
いえいえ、まあだだよー。

ケイコ
スポンサーサイト

| 声・唄_・詞・音楽 | 00:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

直接胸に響きますね。

自分自身の将来を見てしまう。

それ以上に、大事な人にそういう思いをさせたくないと思います。

| PARA | 2015/01/27 06:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1324-acc7df5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。