PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

結局、どうしてそんなにもあきらめているのだろうか

眠らない態勢に入った。
起き出してきた。しかるべき人に、
メールアドレスをアドレス帳に追加して、メールした。

「ちいさな集い 悲しみにSOTTO虹」のおもみ、意味、意義。

結局、誰もわかっちゃいないんだと思えた。
結局、誰も絶望から希望が生まれるなんて思っちゃいないんだなと思えた。

それって、冒涜だよ。
私たちの人生への…っていったってどうにもならないよね。

会所を提供している住職ともかなり話した。
ものすごくものが判っている。
でも、ちらつくのだ。彼の深い諦観のようなものが。
フクイみたいなところが変わる訳ないよなー
ってのは同感だけれど、
どうしたら判らない、というのは、
どうしたらいいか探している私たちより、絶望は深い。
彼は、外れながらもやはりこの地の一員であり続けた人なのだ。

新宿で活動する人。
「続けてくださいね。やめないでくださいね。」
はーい、やめる気ないよ。
始めたばかりじゃないか。
そんな中途半端な気持ちで始める訳ないじゃないか。

でもね、リーフレットを配布するために丁寧に書いた手紙が、
早とちりだか過剰反応だかで、
読み違えられたり、読み違えたのは向こうなのに、
私の表現が不足していましたなどと「お詫び」をして、
そして、最終的に「理解しました」と言った上で、
「距離を取るためにしばらく途絶したい」と申し出られる?
ありえまへんわ。


それは「理解しました」は違うでしょう。


みんな、ひとつの観念、思い込み、妄想にしばられすぎていやしませんか。


ほとほと地元には友達がいないことに嫌気がさす。
なんでなんで、いつも電話電話電話。
そして、「そろそろ」「そろそろ」「そろそろ」と切ることを促され…。


三日話しても一週間話しても話し足りない。

日曜日のファシリテーターは少なくとも、
一泊はしての合宿体制くらいではないと、
このテーマはとても歩み寄れないとも言っていた。

その上、
あああああああああああああああああああああああああああ、
人生から遠ざけられた、
性的少数派の懸案事項はカミングアウトと自己肯定なんだもんね。

で、カミングアウトした人はまるでエライ人みたいになっちゃうんだ。
自己肯定おのずとしている人にはなんでもないことが、
自己肯定をやっとした人は、なんだかエライ人になった
って勘違いしちゃうんだもんね。


私を活用せよ。
私を利用せよ。
私を生かせ。
私を葬らないで。


眠らない夜のつぶやき。

ケイコ

スポンサーサイト

| 先を行き過ぎた苦悩と至福のただなかから | 05:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1316-01ebda87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。