PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケイコの一人朝食と二つの人生へのささやかなアプローチ


ヒデコは彼女のアートの理解者になりつつあった人と会いにいっていないので一人ブランチ。カリフラワーみたいなロマネスコをやはり野菜が足りず茹でました。
体がきつい。心の容量はあるけれど、この三日間の地殻変動は魂レベル。矛盾してるね。魂にレベルなんてないし。

いろんなおもみをかみしめる。

昨夜当たり前なことに震撼として気づきました。

小学校中学校を、のえと共にした、元同級生たちは、誰も手を合わせにも、話を聞きにも来てないじゃないか。

モニターを持って駆けつけてくれたこの地元の男性がその一人で、ふっとぞっとしたのです。お礼を振り切って、さっと帰っていったなあ。
サナエは夏のクラス会は出なかったなあ。
続きは夜にまた書きますね。



ここまで書いてからも、もう10時間くらいたってしまっています。

昨晩の事、モニターが端子もあって良かった。
気持ち良く届けてくれて良かった。
良かった、良かったと言える事柄なのに、
私はその彼が来る前にある動作をしました。

パソコンの上にある写真のパネルをものすごーく久しぶりにはずした。
それに重ねてあったブロークバックマウンテンの写真もついでにね。
パネルに誰が唄っている写真があるかは読者の想像力にお任せーです。

本当に短時間でモニターがつき、
…最初はすぐにつかなかったけれど、二回目、セイコー…
彼はすぐに帰ったので、パネルも映画の写真もすぐ復帰。
でも、私はこの動作を咄嗟にせずにはいられなかった。

あとは、ご想像に任せます。
私が話したくないのではありません。
話さない、話題にしない、それを写真まである前で、
実行されるのを見たくはないし、
戸惑う姿がもしもあったらと思うとやむなくしました。

でもね、モニターのことは感謝しています。

で、震撼とした訳です。
元気だったらやさしく機会をつくってあげるくらい、
できるかも…元気っていうか、気持ちにものすごく余裕のあるときなら…。
教えてあげるって感じになるのかなー。
でも、これってものすごくエネルギー要るし、
かみあわないと大変なんです。あとがねー。

昨日はへとへとくたくただったしなー。

今日は鍼灸院、それからトーゲー村のあるお宅にお邪魔しました。
前者は治療、後者はちょっとした軽い訪問。

どちらも、私の側としては、
気持ちの仕切り直し、お互いのだけれど、
なんかアプローチがそれなりの手応えですんで、
良かった、良かった、良かったです。

次につなげばいい程度の軽い疑問は、これは当たり前。
そんなのは当たり前なんです。

鍼灸のセンセー、最近、良い感じになってきていたけれど、
人って変わるんだってことをしみじみ感じていたけれど、
今日は、なかなかの日になりました。

後者は、
ヒデコが昨年九月、腰をしたたか打って、
何人もの助っ人でつないだ個展への日々に、
いろいろ人を手配してくれたりなど、
トーゲー村とのつなぎ目になってくれている男女の次世代カップル。

どちらも次世代。
引いたり、混乱したり、戸惑ったりしながら、
もちろん彼らも少しずつ変わっていくし、
変わっていくタイミングの中で、私もここぞとやはり…と。

原発の裁判から帰ってきたヒデコと夕食時、
よく笑いました。こんなに笑ったのは久々かも。

懸案事項は手つかずだけれど、
治療も、トーゲー村との小さなつなぎ目も、
まあまあ、これはこれで、胸におさめました。

それぞれの人生の節目に、動く瞬間をとらえること。
これは、「のえの人生」と、
「のえの人生に向き合いきれない多くの人生」
から学びました。

ケイコ


スポンサーサイト

| ベロ亭から | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1231-9d46a89e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。