PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胸ふさぐ・胸つぶれる・胸がすく・胸がつかえる

カテゴリーは、「ケイコの言葉遊び」にしたけれど、
言葉の実感を得るのって、遊びながらという感覚は私にはあるにしても、
その言葉によっては、命がけです。

昨年2013年の一年間を思い出すと、どれだけ「胸つぶれる」出来事があったことか。
満員電車には乗らないから、
文字通りの「胸つぶれる」ではなくて、
胸がつぶれるような、苦悩に満ちた無理解や齟齬などなどにさらされるという出来事での、
実感をさして言っているんですけどね。

昨日、鍼灸院で「あっ、胸がとおった」なんて言って、
「日本語ってすごいですよね」と続けて、
「胸ふさぐ」状態から脱した治療中の実感を伝えたりもしました。

年末からずっと、胸ふさいでいました。
ふさいで、つぶれるのを防いでいたような感じかな。

今日は、この一週間の課題を、
ある方と、それなり、必要なだけ話して、一応の「解決」を見ました。

「解決」に近い進行形のリアリティを確認するだけでも、
こんなにくたくたになり、こんなにもへとへとになり、
ああ、もう胸がおかしいって感じだけれど、
胸がすく、というよりも、へとへとへとへと、座り込んでしまいそう。

でも話せたという実感は、
去年のあの課題も、その課題も、どの課題も、
もしかしたら「解決」があったかもしれない、と思わせる。

胸がすく、とまでは行かなくとも、
胸つぶれたり、胸がふさぐ状態は、
やはり自分だけのせいなんかじゃないって頭だけではなく、
人と人の関係の中で実現しなきゃだめなんだってとことん実感。

もう出る涙もないんだな、こういうときは。


この課題を持ち越していたら、
生きていられなかったかもしれないよ。冗談抜きに。
だから、必要な話ができて良かった。


そして、生きていられないような課題を、
幾つも昨年から持ち越していることをあらためて意識する。


人から人へと思いを伝えること。
人から人へと考えを広めること。
人から人へと世界観を深めること。

どれも避けられがちだよね。

でも、そんなことなしには、
世の中、生きやすくなんてならないよね。


なんだか、
今日一日の疲れもあるけれど、
この一週間の疲れもあるけれど、
年末から持ち越しのいろんな疲れがどっと来たみたい。

どっと来ながらも、
胸がつかえてもいるけれど、
ふかーい胸のところが、すいたかもしれない。
あいたかもしれない。
必要な余裕があいたかもしれない。


そうだ。
昨日、鍼灸師の先生と話したのは、
「胸のつかえ」の話でした。

みんなみんな、胸のつかえをごまかしごまかし、
生きているんだろうな。

胸のつかえがたまんなくなったら、
麻痺させて、
ふさいだものも無理矢理通して、
胸の中、すっからかんの空洞にして、
なにも考えたり感じなくなったりしないのかな。


なんとも言えない「解決」の後の実感。


あああああああ、つかれたあ。

齟齬を気遣ってくれる相手ではあったけれど、
やっぱり、相手のことも心配したりしていたなあ。

だって、やっぱり感じることは感じてしまうから。
見えたことを見えないとは言えないから。


そうして…、
ああああああああああ、
つかれたあ。


よくやったぜ。
お互いさまと言いたいけれど、どうなんだろ。


ああ、少しめまいする感じ。
そして、どっかがめちゃ虚しい。

だって、ゼロに戻っただけじゃん。
マイナスでなくなすために、
どうしてここまでエネルギー使わなくちゃならないんだ。

なけなしの、歳と共に限界を感じる、
余分にはなかなか当てられない力を、
結局何に使ったことになるんだろ。


こわれなかったってかみしめるだけ。

ディオスミーオ!


ケイコ
スポンサーサイト

| ケイコの言葉遊び | 01:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1202-24da3921

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。