PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

境遇・境涯・境界・境地、そして境の奥行き

私は大学の行き方がいい加減だったせいかどうか、
よく判らないのですが、
正直に白状すると、
たまに間違えた読み方をしている慣用句とかがあります。

悪口雑言のこと、今日、よく調べたら判りました。
これ、あっこうぞうげん、って読むんですね。

日本語教師らしく、きちんと勉強しなくちゃね。
いやいや、物書きですから、これから精進しないとね。
いよいよ、ますます。

で、気になった言葉、ヒントになった言葉、
うむうむ、引っかかったな、なんでー??って言葉を
検索したり調べたりして、ここに発表することにいたしました。

今日も「ケイコの言葉遊び」シリーズです。


最近、私たちのことを「境遇」と称して語る、
とっても人権感覚のあるはずの方に会いました。
しかしながら、この言葉を発したことで、
この方の人権感覚は、
「境遇」を調べないとすまないような「境地」に私を至らしめました。
ふふふ。


似たような言葉あります、



出てくる、出てくる。
似ているのは、むしろ「身の上」とか、「身空」とかでしょうか。
この向こう側には、幸不幸とか、苦労したしないとか、
そんな運命論的な気配が濃厚にただよいます。
逃れられないものとしてあるような、そんなものとして…。


ふりかかってきた様々な壁を崩してきた人間としては、
うーむ、違うわいな、と思える言葉です。



恵まれた境遇。

若い身空で苦労して。

不幸な身の上。

とかね。

これ、誰のことよ、ねえ。


辞書を引くと、ほとんど受け身の動詞で説明されています。


境遇。

その人が置かれた家庭環境。経済状態。
人間関係の状況。身の上。

辞書を引くと、同じような言葉のぐるぐるまわりをさせられるのは、
国語の辞書の不備に他なりません。
ここは「日本語の辞典」が必要です。
外国人に使い分けが説明できなければいけませんから…。


誇り高き、選びに選んだ私たちの人生が、
福井県内で妙に、不当に、低く評価されるのは、
こういう価値観がいまだはびこっている社会だからでしょう。



もちろん、経済状態は悪い。それは「置かれた環境」の一つかなあ。
でも、努力しました。他のことは受け身でしてきた訳ではない。

なのに、「金がない」とはなかなか「言わせてくれない」
そんな福井県内の空気ってありますよ。

言わせる。言わせて。
使役形ぷらす「くれる」。その否定形。
言わせてくれない。
フーム、含蓄あるなあ。

身の上
と引くと、「人間の運命」とあって、
それこそもう選べないのよねって感じの説明。

ところが、境涯、境界、境地となると変わってきます。

境涯。
生きていく上で置かれた立場。
「置かれた」の受身形はまだ健在。
偉そうに健在だなあ。

境界。
ここいらから精神や宗教の領域にも入ります。
★精神、感覚の動きによりもたらされる状態、境地。
 また、ぐるぐるまわりの言葉あり。いやだな。国語辞典は。
★善悪の報いによって各人が受ける境遇。
 また、ぐるぐるまわり、ありますね。これは仏教用語。
★力の及ぶ範囲
 わかりやすすぎー。


境地。
いよいよ哲学的な領域に入ります。



それから、
境。

★場所、土地、心の状態などいろいろ。
で、まあ「無我の境地」も「無我の境」もありますね。
★仏教用語としては、色、声、香、蝕、などの六境という考え方があるみたい。
 うむ、六つ揃えられないけれど気にしませんね。


ケイコは言葉への使命感と共に心から頼みます。

人権意識は、日本語の使い方ひとつで異なって届いてきます。
その事を意識する事から始めてください。

私が言葉にこまかいせいではありません。

日本語が、人権意識というより、
人間個々人が構築する自己とか、個の世界を、
ないがしろにしてきたから、
だから、こんなふうにむやみと無自覚に使われてしまうのです。

断っておけば、上の文章の主語は、「日本語」。
私たちが無意識に使っている言葉を主体として、
主語として動かしていく、そんな意識ができないのはなぜか、
心の底から危惧し、暗澹とします。


そして、
誇りと尊厳に満ちた生き方をしている、
そんな人様の人生すら、
知らぬ間におとしめる表現をしているのです。

それが、使う人自身の知性や、
個性、尊厳すらもおとしめている、
そのことに気づいていただけたら、
日本語教師としても、
物書きとしても、
詩人としても、
今日のブログ書きはひとまず一見落着。


今日、と書こうとして、
何度も、境、と出てきて笑ってしまいました。

コンピューターって頭かたいですよね。
ではでは。

ケイコの言葉遊び、
兼、
ことばの豊かな使い方講座でした。


ことば狩りの時代が来る前に、
あれこれ確立させていかれればと思います。

ことば狩りってホントにあるんですよ。
真実を言うことができなくなる時代が到来したら…。


たかがことば、されどことば。
たかが沈黙、されど沈黙。

たかが一人、されど一人。
たかが人生、されど人生。

たかが日本、されど日本。
たかが福井、されど福井。

誰も怒っていませんか。

遊ぶ余裕を持ってくださいね。
遊んでみて、かみしめてみてくださいね。


ASI ES LA VIDA!!!

アシーエスラビーダ!!

それが人生というもの!!


ケイコ

スポンサーサイト

| ケイコの言葉遊び | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1072-3c842eaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。