PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『バイバイのえルーム週間』を書こうとして溢れる熱い涙

『バイバイのえルーム週間』を書こうとして溢れる熱い涙

ここのところ、人の訪問がそれなりある。今や、のえと私の物語のノンフィクションとなった執筆という営みを続行するためには、時間はもちろん、エネルギーの配分、人との距離や力の取り方の工夫、を極力試みる。でなければ、執筆の力がそがれてしまう時もあるからだ。

その一方で、冬の到来は容赦なく刻々と、あれもせーこれもせーとベロ亭の暮らしに欠かせない冬支度を迫る。それを何とか、ゴウ君の助けを借りて、ヒデコがほとんど担ってもいる。私はせいぜい庭の花々の取り入れなどしたくらいで、肩身がやや狭い。と言っている割には、ずうずうしい暮らしっぷりらしく、原稿の進行で頭がいっぱいで、ヒデコのあれをする、これをする、あれして、これして、という物言いを聞き逃したり、上の空で聞いていることばかりで、どうしようって感じだ。

その上に、息子が来る。一週間、ペンキ塗りやおしゃべりや、ゴウ君との作業、それから、私たちにとっては、六人目の娘みたいな理恵ちゃんが来て、カラと、そして私たちとおしゃべりの花が咲いたり…。
おまけに、一昨日から昨日にかけては、大阪からコンピューターの助っ人として、森構想の実現やら、ベロ亭のつつがない通信手段の確保のために、徹夜で仕事をしてくれて、それを共にすれば、またまた徹夜となる。
眠るのだけは眠るけれど、やや睡眠不足を昨日からはよく寝て…。

ただし、こんな時に限って、次々と電話の用事もある。一つの電話が二時間くらいというのが、昨晩から二つ。大事な大事な電話だから、手を抜けないから、また疲れる。いや、充実感もあるんだけどね。

で、今日は徹底的に二階の私の書斎を片付け、掃除し、エアコン代がままならないので、せめて石油ファンヒーターを入れようと準備する。原稿、原稿、あの続き、あの続きと頭も心も魂も言っているのに、その前の段取りで手間取る。階段を十回くらい上下してやっとパソコンをひらく。ああ、ずいぶんと使いやすくしてくれたなあ、と感謝感激。

いよいよ、最後の、そう二千十年の三月の最後の週の『バイバイのえルーム週間』の執筆に入るために、ヒデコの残した「ノコサレシ者の日記」と私が当時ブログに書いた日記、それから皆の、のえのブログの掲示板の書き込みを一通り読みながら、涙が止まらなくなってしまった。

溢れる熱い涙、
っていうフィリピーナを描いた映画が好きだったけれど、
あの映画のタイトルじゃあないけれど、まさに「溢れる熱い涙」に私は包まれる。
悲嘆と至福の両方が押し寄せるように私を包む。

どこから書いたらいいのー。
こんなにもいろいろな豊かさ、ありえない奇跡、悲しみから探し当てた宝物だらけの日々を、一体どこから書き起こしたらいいのー。
私は感覚飽和に陥ったかのような状態で、二階のやっと暖まってきた書斎を離れます。
ブログにこの気持ちを書こうっと。

で、書いています。

ヒデコは、疲れた、ここが痛いとか、いろいろ言っていたのに、やっぱり金曜デモには、気づけば「行く」と言って、今はいません。どんどん孤立に追い込まれている異議申し立てる人々の福井での現実の中、今ははたして何が進行しているのやら。
「気をつけて-」と言って送り出したら、だから全て我が時間なのに、私は執筆に手をつけられないまま、階下に降りて、このブログを書き、たまった洗い物をしようかなっと。

台所の流しは、まさに、溢れる洗い物の山ですから。

うーむ、私たちは「のえルーム」で一体、どんな「偉業」をそれと知らずにやってのけてしまったのだろうか、なんて思いも突き上げる。
だって、日本社会を澱ませている「自死を語る」タブーは、そりゃあ半端なもんじゃありません。知れば知るほど、人間の原初的な業のようなものすら感じます。でも、原初的なままじゃあ、ここまで歴史を築いてきたはずの人類としては駄目なんだよなー。

それで、いっそう熱い涙が溢れるのです。
書けないな、よく頭を整理しなきゃー。これほどの宝物に溢れる「バイバイのえルーム週間」のことを書けないな。心を落ち着かせ、魂をすとんと立たせて、そうしてこそ書ける、そんな日々だよなー、とのけぞりました。すごいぞー、この日々。

書くぞ。書くぞ。書くぞ。
「自死を語る」タブーなんか、とおにぶっ飛んでいたそんな日々の、豊かな宝物を、そおっと出し惜しみしながら、丁寧に書くからね。

でも、デモからきっとものすごく疲れて帰ってくる、ヒデコを落胆させないためにも、自分たちの落ち着いた暮らしのためにも、今からは、溢れる洗い物に向かいます。

それから、「のえルーム」の締めくくりの日々に向き合おう、そう思っています。

昨日、帰るぎりぎりまでパソコンのこと、フォローしてくれミツルさん、ありがとう。ものすごく、このパソコン、賢くなりました。いつも、おい、なんでこんな変換するんだって、いつも怒ってましたから。

てな、訳で、今から洗い物。ふむ。

ケイコ


スポンサーサイト

| のえと共に | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1049-7ff5aec1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。