PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

akta community forum 生きづらさをあるがままの豊かさに

新宿2丁目のコミュニティセンターaktaとは、
2007年以来、ささやかながらおつきあいがあります。
というか、そこのスタッフだった張さん、
今は代表のジャンジと、不思議とつながってきたんだな、そんな感じです。

そして、せっかくのヒデコの個展での東京滞在だし、
と、どちらからともなく、なにかできるといいね、という気持ちが、
「ハートをつなごうセレクション」を観てもらうことで、
とんとんと話が進み、19日の二人のトークがあっという間に決まりました。

きめこまかな確認や対応に、感謝をかみしめつつのプロセスです。

主催はakta。協力が私たちが提唱している「辺境の森」構想です。

2ヶ月近く前から決まっていたのですが、
aktaのフライヤーができたのは、やっと昨日。
これだけは、ちょっと残念。
個展のハガキの発送には間に合いませんでしたから。

そこで、フライヤーのアドレスを貼り付けますので、
皆さんも是非ご覧になって、こんな事あるんだなっとか、
あらら、この日なら、7時過ぎからなら参加できるな、
とか、ご検討くださいますか。
どうか、どうかよろしく。

私たち二人が、トーキョー砂漠で語る、
稀有なチャンスかも。
いやいや、これがカワギリでどんどん語りだすかも??

LGBTのみならず、
ハッタツ関連の方々、
自死に寄り添ってきた方々のご参加大歓迎。
もちろん年輪を重ねてきた方も、
地方が目の上のたんこぶだったり、いたみだったり、
抑圧の根っこだったりする方もね。

事前申し込み制ですので、申し込みのほうもお忘れなく!!



akta_talk_show_19omote 2012919 おもて

akta_talk_show_ura 2012917 裏



akta community forum
「生きづらさをあるがままの豊かさに」

KeYテーマ:
レズビアンマザーファミリー
あなたもハッタツ障がい?
「自死」を語る
見えない地方
エイジング


出演 岩国英子・米谷恵子(ベロ亭)

日時:2012年9月19日 水曜日
   18:00~19:00 NHK Eテレ「ハートをつなごうセレクション
-レズビアンマザー•家族の自死を見つめて-」上映
   19:15~21:30 Talk Show
21:30~22:00 交流

場所:コミュニティセンターakta
新宿2-15-13第2中江ビル301
   http://www.akta.jp

入場無料 ※事前申し込み制 (参加申し込みフォームに記入)
     →info@akta.jp Tel&Fax:03-3226-8998

レズビアンマザーであるHIDEKOさんとKEIKOさんは、福井県に居を構え各々活動をしながら、5人のこどもを育てて、37年に渡ってパートナーシップを築き、磨いてこられました。人生の様々な局面に出会い、日々語り合い、家族の生と死にすら向き合って尚しなやかで逞しい2人の生き様に触れて、だれもが自分らしく暮らせる術や街について考えてみたいと思います。貴重な機会ですので、ぜひ通してお立ち会いください。

主催:NPO法人akta
協力:「子を持つ・持ちたいLGBTの思いに寄り添い、生と死を思う辺境の森」構想
   http://www6.ocn.ne.jp/~berotei/morikousou/201208morikousou.doc


 
岩国英子( 写真右):陶芸家。カミングアウト応援業、カメラウーマン、ラジオパーソナリティー、「ラテンアメリカのやきもの」の紹介、家屋工事技師など、「千の仕事」事務所主宰。著作『土器の唄がきこえるか』。9月15日から26まで西日暮里で個展開催中。(HIGUREにて http://hgrnews.exblog.jp/)

谷恵子
( 写真左):詩人、日本語教師。「ハッタツ水先案内人」、自死で遺されたLGBT、ないし発達障がい者周辺のつながり模索中。ベロ亭の娘「うたうたい のえ」のCDブックに執筆発刊予定。出演したNHKEテレ番組から生まれた「辺境の森」構想の提唱者。

ベロ亭って?
お二人と、今は巣立った5人の子どもたちの住み家。お二人を「ベロ亭」と呼んだり、陶芸の工房の名前だったりも。1981年より『ベロ亭やきもの&詩キャラバン』をHIDEKOの多彩なやきものと、 KEIKOの自作詩朗読を携え企画開催。北海道から沖縄まで全国600ヶ所で、女たちを勇気づける「新しい家族の形」と、多様なテーマ性が文化的社会的ムーブメントとして迎えられる。

NHK Eテレ「ハートをつなごうセレクション
-レズビアンマザー•家族の自死を見つめて¨¨2012年3月放送のリメイク版」上映  
いくつかの大切なテーマを扱いながら とても繊細にバランスをとって作られている感じがしました。
2人のしなやかな強さにうたれました!
そして とてもパワーをもらいました。どうもありがとう!
「のえルーム」もすばらしかった。
死と生は遮断されたものではなくて
つながっていて、そこからまた紡いでいくことができるのだなぁと思います。
そしてそれは 痛みを伴うことだけれど とてもとても大事なことだと思います。


参加申し込み書
下記にご記入の上aktaまでお送りください。
info@akta.jp もしくはFAX:03-3226-8998

御名前orハンドルネーム    
御住所orメールアドレス  
関心のあるKEYテーマ※いくつでも○をつけてください   
     ○ レズビアンマザーファミリー
 ○ あなたもハッタツ障がい?
 ○ 「自死」を語る
 ○ 見えない地方
 ○ エイジング
自由記述番組の感想等なんでもどうぞ


スポンサーサイト

| 辺境の森から | 16:14 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/09/11 11:06 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1028-116be771

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。