PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな参加の仕方もある、大飯原発ゲート前7.1(ぜひ紹介したいブログや映像を追加しました)

立ってても眠くなるほど、目がしばしばしてて、
血糖値やコレストロールが上がっているのかもしれない、
65歳の私は、そんな不安があるので、体質改善の相談をするべく、
7月2日に大阪の漢方医に予約を入れている。

そんな折7月1日の昼頃、ある坊守さんの女性Oさんから電話が入る。
昨晩から、大飯原発の再稼働に反対して、
正門前の一本道と、入口を塞いでいるが、
雨がひどいし、皆寝ないで頑張っていて、
沢山の機動隊が来ていて、
行動する人の交替要員がほしいから、
拡散を、ツイッターやfacebook  で書いてくれないかというのである。

大阪に行く予定を前に、深夜まで原発現地で頑張れるか。
すぐ無理って考える。
行けば、頑張る自分がいる。
6月、福井県庁での原子力安全委員会の傍聴さえ、機動隊が出動した。
きっと、今回は大量の機動隊が出動し、国家の願いを押し通すに違いない。
そう思いながらツイートする。

【拡散希望】大飯原発ゲート前から戻って、また行く女性から電話が。「正門前スクラムは人が少なくなると、機動隊に引き抜かれる。もっと人が必要です。きてください!」とコールが。寝てないだろうし、雨にぬれれば体温を奪われる。着の身着のままの彼ら。元気そうでも弱る。交替できる態勢が必要だ。 [RT(30)]

とケイコと話しながら書く。
結果、30人に拡散していただいた。
書いたら、その言葉を受けた私が、動きたくなった。
私って、こうなんだ。再びツイート。同じくfacebook にも。

大飯原発行き、6人乗りの車出します。JR武生駅前4:30に来て。今からオニギリ握って雨の中寝ずに頑張ってる人が、車の中で仮眠を取れるよう毛布や寝袋を用意する。駅前でオニギリや寝袋だけ渡してくれてもいい。車はハイエースロングのベージュ。「原発いらん」のシールが目印。必ず連絡を! と。

ケイコがおにぎりを、1升半のご飯から、48個作り、傘や、毛布や水をいっぱい載せて、大飯に車を走らせた。

1日、午後6時ごろ到着。
子供連れが沢山いた。
なんだか、懐かしい。誰ももちろん知っているわけじゃない。
でも、30年ぐらい前の野外のロックコンサートなどの風景に酷似している。
車に生活用具を抱え、ご飯も焚けるし、電気がなくとも生きていけそうな
フリークで、自分たちの暮らしを頑として守っている人々。
いや、あの人たちではない。あの人たちは、とうに、60歳を越えようとしているはずだ。
「コンミューン世代」の第二、第三世代だ。
男はヒゲをたたえ、女はすごく飛んでいながら、意外なほど生活者だった。
あの次の世代が、こんなに沢山、来ているではないか。
かつてキャラバンで世話になったり、出会ったり出逢い損ねたり、袂を触れ合ったり、袂を分かち合ったりした、私たちとはちょっと自由の意味の違う人たちだが、懐かしい。

彼らは、ダイイン(地面に寝転び、非暴力抵抗)をしたり、
ジャンベや笛をかき鳴らす。
いや、よく見ると、そんな人ばかりでない、会社帰りらしい人もいくらか混じって踊っている。お囃子(はやし)のように、「再稼働・反対」が叫ばれる。繰り返される。

子供の安全は確保されている。
子供連れが多く、近くの同じ若狭湾から来た母子とも話した。
本当に子供の未来が心配だからきてるそうだ。
後方部隊だ。私もだけど。

正門の中のバリケードは100人くらいで、元気な様子だった。
その前に、信じられないけど、車が横に縦列駐車して、猫の子一匹は入れないように停まっていた。首相官邸では、警察の人員輸送車が、並んでいたが、ここでは、反対派の車が、「再稼働」のボタンを押す人を入れないような様相だ。
さらにその前に、スクラムを組んだ、数列の体を張って座り込んでいる人たちがいる。

その人並みに、私は、オニギリを届けたが、警察権力と対峙し続けていた彼らが、オニギリが喉を越すわけがない。
それでも、お腹がすいていると言う人に数個、渡した。

バリケードと化した仲間のトラックの荷台にいた取材班の人に促され、
オニギリをトラックにどさっと置いた。
私は少し後方に退く。

するとどうだろう。警察は、私の前にヨコに並んでしまった。
それで、二度とオニギリの行方はわからなくなった。
またその前に、人々は座り込み、唄い踊る。人は減るどころかどんどん増える。

やがて、始まってしまう。警察は、強制排除を始めた。
奥の100人ではなく、手前の、私がオニギリを渡した人たちの隊列に、
蹴ったり、腕や足を掴み、一人に対して、4,5人で暴力を仕掛ける。
そして、外に連れ出す。逮捕はしなかった。まさにゴボウ抜きだ。
それを留めようと、また市民が阻止線のスクラムを組みなおす。

警察は、本当に、正当な意思表示をする人に、素手の人々に、暴力で排除する。
夜の8時くらいだったか、初老の人が、「ちょっと聞いてください」と。
「手前は排除されましたが、奥は、無傷で頑張っているから、私たちも、ここでもう少し頑張りましょう。それに福井新聞社によると、牧野副首相は、船で裏から原発に入りました。表から、入れなかった事を、評価できると思います。」
彼の口調は、とても淡々としていて静かだ。私の世代より上かな。
あの団塊の世代のがなり声が、どこからもしない。聞きやすいし、皆優しい。

やがてOさんが、強制排除されその後も頑張っていたM君を連れて、
私に車で寝かしてやってくれと言う。
うちの車に、そっと連れて、寝かせた。「福島に大切な友達がいるんです」と彼。
精神的に病むほど生きていくのがつらい彼が、福島の友人のために、
東京から大飯に来て、正門前に座った。
それだけなのに警察は、彼に暴力と恐怖をを加えた。

原発再稼働を強行するだけでない。若者の「心のうぶげ」まで剥ぎ取り傷つける暴挙だ。
眠る事のできる車を持っていって良かった。
彼が安心して休める所まで、夜遅くまで付き合った。
私の帰宅は、深夜2時半。

大飯再稼働の意思表示、たたかいは
■6/30-7/2 大飯原発トンネル前封鎖アクション-35時間レポート(長谷川羽衣子)
2012-07-06 19:42:15NEW !
テーマ:再稼働
みどりの未来・情報MLから全文転載させていただきました。
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11295837586.html

長谷川さんは、私よりずっと長くこの行動に参加され、
現地の人とのかかわり不服従の意味をきちんと書かれています。
ぜひご覧下さい。


この道をあるいてる
http://blog.goo.ne.jp/suzuki_juju/e/50e69beb6749d32bb760f2f21af30ba0

などのブログを参考にしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=XUj_xIL5kso&feature=youtu.be

ダイジェスト動画はこれがよく判る。ある女性
(撮影:辻村真依子さん)の撮影です。私も一瞬出てきます。
これを観ないでどうする。
若者は未来を作るって名前の映画といえる素晴らしい映像ですよ。

ネット上では、東京の首相官邸前の6月29日(金曜日)のツイッターデモと、
大飯再稼働反対アクションの様子の違いがだいぶ書かれている。
私からの思いを書いておく。

カイロ革命も、facebook で始まり、本当に政府打倒を成功させた。
紫陽花革命は、大飯原発再稼働への怒りだ。その一点で人々は集まっている。
だが、日本の東京のツイッターデモは、警察と、ある意味足並みを揃えて、警察にお願いしながら、示威行為をしている。官邸の中で、野田首相は、きっとツイッターの恐ろしさを知らず、バカにしてる。「騒がしいナー」と。
きっとまだ、野田の古い頭の中では、組織や組合や、党のほうが怖いからだろう。
ネットのうねりを知らないから、相手にしていない。
せいぜい、機動隊人員輸送車を、官邸前に並べるだけだった。

だが、再稼働を安全と決め付けた、原子力安全委員会のあった福井県庁でも、機動隊は並んだ。
大飯では、ヘルメットとタテを持った、訓練を受けた上級の機動隊も現れた。
もっと、野田政権が守るべき、内実がそこにはあったとしか思えない。
原発は、「核の平和利用」だから、「核」こそ、政府は守りたいのだろう。
人殺しの放射能をすでにあんなに、撒き散らしたというのに。

車で片道2時間の大飯にはとても行けないと思ったはずの私に、
アドレナリンが急に出ちゃって、ふらふらだった私が、しゃんとしてそこにいた。
私は警察がとりあえず怖くないから、強制排除のときでさえ、私に「どいて」という警官に「何をしたいから私がどかなきゃいけないの?」
「私は、中で頑張っている人たちが何をされているのか見たいから」なんて、警官の肩と肩の間からふっとのぞいたりする元気もあった。

そして、なんと言っても、青年Mと、語り合えてよかった。
スポンサーサイト

| 原発を許した国で | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puentenokai.blog26.fc2.com/tb.php/1016-57621edd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。