2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日11日夜6時大阪の地下鉄扇町駅二番出口。LGBTと発達障害に特化、自死で遺された人の分かち合いが

今は2時前、北陸線でゆっくり大阪に向かっています。夜6時からの分かち合いを営むスタッフとして、です。
扇町公園では、レインボーフェスタが開かれていてーベロ亭のひでこのやきものも並んでます。
生と死を思う辺境の森構想の実行団体として、お天気雨に虹ネットも乗り入れています。
ただし私は6時からの、ちいさな集いSotto虹、のために、電車に揺られています。
多くのLGBTが、そして日本人のほとんどが目を背ける自死と、それによってノコサレタ人たちのとまどい、悲しみ、葛藤、心の負債ー

そんなこととは無縁なふりをしながら、実は深層に言い知れない迷いを抱えている人たちに数えきれないほど会ってきました。

逝った人への思い、逝った人の思いに、向き合えない社会は、生きている者をも本当には生かしてはくれていないーそれが、娘の、うたうたい
のえ
の生と死に6年に渡って向き合ってきた、私の揺るがぬ実感です。
大切な人の生き死にに向き合うかどうかは、一人一人の人生の深遠なる課題でもあります。

これはけっして少数の限られた人のことではなく、日本人全ての課題だと思います。

とはいえ、それぞれの語りづらさは、LGBTであること、発達障害的傾きをつよく持つか、なども深く関わっています。
そこで今日、新たにその切り口で、ちいさな集いを持とうと思います。

私自身、既存の家族を前提にした分かち合いでは、けっして分かち合えないばかりか、傷つけられる体験も経てきました。
だから、誰も傷つかないような、そんな集いを持つべくこころしたいと思っています。

私の携帯は09020931739です。

5時以降は電話での問い合わせも受けられるかと思います。

一人でも心の扉を開いての参加を、心よりお待ちしています。

ちいさな集い
Sotto虹
呼びかけ人
ベロ亭
KEIKO
スポンサーサイト

| 辺境の森から | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。