FC2ブログ

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ガラクタ市

バラティージョーというクスコで毎週土曜日に開かれる市がある。
私ヒデコは朝から、
さっさと一人でこのガラクタ市というか泥棒市というか、
リサイクル市というか、
とにかく相当広い地域にわたり開かれるこの市にいそいそと出かけた。

歩く道も人垣を掻き分けるほどの込み合う中、
最初、タマーレスというとうもろこしの皮に包まれた蒸し菓子を
ひとつ買い食いしながら歩きはじめた。

最近は、クスコに通いはじめて、10年にもなるから、道を歩くと知り合いに出会う。
ちょっと久しぶり似合った人と挨拶を。

次は、金物の手作り屋で立ち止まり、
漢字クラスで使う墨をビンに保存するためのじょうろを買った。
コレは新品だ。

次は、仕事場で使うペンチを一つ。
160円ほどだった。

次は、絵の具を入れる、リサイクルのふたつきの空瓶を6個、72円なり。

次に3年前にビンを買わせてもらったおばあちゃんを見つけた。
そのとき、写真を取らせてもらったのに、家に帰ってみたら取れていなかった。
だから、今度こそと、リサイクル空きポリタンクを20円で買って、カメラを向けた。
この混雑の中、かなり危険。
ところが、カードがいっぱいです、と文字が出る。
うーんまたか、とカードを交換。
人ごみの中で絶対すべきでない
カード交換。

何とか取り替えて、ぱちり。
もちろん、このおばあちゃんは私を覚えていない。
でも、ケチュア語でなにやら話しかけられる。
ありがとうと、チップ.

それから、鉄の部品を張り合わせたアートお兄さんと少し話し
励ましのチップ40円。

そのあと、スープのためのお玉をひとつ120円で。
さらに、十字架と牛2頭がついた焼き物を部屋に飾るために400円で。

今日の一人歩きは混雑の中とはいえ、
クスコの下町気分を深く吸い込むことになり
貧困の中の幸せを私のやり方で、確かめたのだった。


スポンサーサイト



| 暮らし | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |