fc2ブログ

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チュルカナスの大晦日≪連続第7話≫

2006年最後の日、やきものの町チュルカナスで、
友人の陶芸家マネノとキョウコとケイコと4人で
ディスコに繰り出す。

この小さな町に大学はないが、ディスコは数軒ある。
そのうちの一軒に行くが満員。
とてもは入れそうもない。
マネノはコネを使ってチケットを手に入れて、うまく入る。

中央の高いところに、踊り子さんの女性が、
見世物のように二人派手な格好で踊っているのが気にくわない。
ビールを回し飲みしながら、踊る。

ほとんど男女のカップルだ。
それでも中には、同性で踊る、男や女がいる。
ちょっと雰囲気が違う人たちだった。

ディスコを出てから、モトタクシー(三輪バイクタクシー)に乗り込み
町を一巡。

右の写真は何でしょう
チュルカナスやピウラでは大晦日に、人々にとって憎き人間を人形に作る。
向こう三軒両隣単位で誰を作るか考えて共同作業をするそうだ。

そして年が変わる12時ちょうどに写真のように焼くのだ。
アメリカの大統領などが焼かれるのだから
人々はすっきりするのだろう。

こんな祭りは聞いたことがない。


≫ Read More

スポンサーサイト



| | 04:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |