2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベロ亭に戻ります

8月末から、福井と京都を行ったりきたり。
11月1日をもって、京都の友人の家ともおさらばです。
築70年の由緒あるたたずまいの町屋作り、とても落ち着きました。
ありがとう、Tさん。
私たちの窮地を、こんな形で支えてくださったあなたの優しさに触れ
改めてジーンとします。

また、いつか泊めてくださいね。

福井では、当面、妊娠した娘の一人と,
もう一人の双子のかたわれが一緒にベロ亭にきます。
しばらく療養です。

私も京都を子供の看病だけでなく
レモン+Cの友人達と週1回あえて、ずいぶん楽しめもしました。
昨日は、深夜までその、仲間とネオンの町で語り合い楽しかったし。

娘ハナ曰く。
「ママも京都を楽しめてよかった」と。
心配かけただけでなくて良かったという意味で。
ネット上の彼女の退院前の日記に、
放射線治療の不安だった初日に朝ごはんを食べずに駆けつけた母親に
感激してくれた告白が載っていて、
伝わったいた喜びで私も、ううう。

最後の3回の放射線は角度を変えて、行われたそうで
おでこが真っ赤に焼けていて痛々しい。
あと一回だね。
よく頑張ったよハナ。
退院して、見舞い客に気遣い無く
ゆっくりペースで暮らしを楽しめればと思っている。

もうひとつ特筆すべきことがある。
東京の娘が4回も妹のために京都に通い
見舞った。
そして、ちょっとまいっている母親を勇気付けてくれて
これまたありがたかった。

おかげで、レモン+Cの定例会にこの娘も参加。
女達が、週1回何十年も集まり続けている事実に
娘は感動していた。
こんなことはあまり無いことかもしれない。
リブの流れを汲む女達が。


≫ Read More

スポンサーサイト

| ベロ亭から | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。