2005年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フスティノさんの先生は?

フスティノさんは、プエンテの会ができる前から、「ケイコセンセイ」から日本語を習っています。今日の写真は、クスコのクラスで日本語を教えているケイコです。私が、深夜今日も今、(午前3時)仕事が終わりこの日記を書き出す。その頃クスコは、前日の午後1時。たいがいグループがんばろうのメンバーの誰かが、インターネットカフェか、どこかのオフィスでパソコンに向かっている。そして、やっとぼろぼろでパソコンに向かう私とチャットが始まる。インターネットは便利なもので、同時にメールを話すように会話できるシステムがある。本当は付き合わなくともいいのだが、結構グループのメンバーにとって、私と話すのが「希望」になっていることも知っているので、辛抱強く付き合う私だ。今日は、最近まで、日本に出稼ぎに来ていた、元ケイコの生徒であるマリオがチャットに登場してきた。彼は、週1回、グループに日本語指導に行ってくれる様になったと言う。マリオは2000年の頃の生徒だが、日本やヨーロッパで出稼ぎを数年して最近クスコに帰ってみたら、ケイコの生徒がまじめにグループを作って勉強をつづけていたことにびっくりし、ひどく感動したとメールが来た。こんなことが本当にあることかと。だから、うれしくて日本語を教えに行きますというのだ。彼もまだまだの日本語だが、おばあさんから聴いて覚えた日本語で、ある種流暢とも言える日本語だ。




スポンサーサイト

| | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。